体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

中村獅童さんが公表した“初期の肺腺がん” 症状と治療法は?

中村獅童さんが公表した“初期の肺腺がん” 症状と治療法は?
2017年5月18日、歌舞伎俳優の中村獅童さんが早期の「肺腺がん」であることを公表されました。(参考)

肺がんにはいくつか種類があり、それぞれ特徴があるようです。

中でも今回は、肺腺がんとはどういうものなのか、症状や治療内容についてなど、医師に詳しく解説していただきました。

肺がんの種類

中村獅童さんが公表した“初期の肺腺がん” 症状と治療法は?
肺がんには肺や気管支の上皮細胞(空気と触れ合うところ)から発生するがんと、他の臓器のがんが転移する場合があります。

転移以外の主な肺がんの種類

・扁平上皮がん

・腺がん

・大細胞がん

・小細胞がん

この中で小細胞がんはもっともたちが悪く、治療に対する成績も違うので、特別扱いし、それ以外の3種類を「非小細胞がん」と呼ぶこともあります。

肺腺がんとは

中村獅童さんが公表した“初期の肺腺がん” 症状と治療法は?
腺がんは肺がんの約6割を占め、日本では4種類の中では最も多く見られます。

なぜ腺がんと呼ぶかというと、顕微鏡でがん組織を見てみると、粘液を出す腺組織と似た構造をしているからです。

実際、がん細胞が粘液を放出するので、痰が増えます。他のタイプに比べて遠くの臓器に転移することが少なく、予後は良い傾向があります。

肺腺がんの原因

中村獅童さんが公表した“初期の肺腺がん” 症状と治療法は?
肺腺がんについては特徴的な原因は知られていません。

そもそも我々の体内では毎日がん細胞ができていますが、免疫系ががん細胞をみつけて廃棄してくれています。

その為、増殖が途中で止まり、画像検査や血液検査で分かるほどには大きくならないうちに治っているのだと言われています。

一般的にがんが起こる原因

細胞が分裂する際に遺伝子がコピーされるのですが、そのコピーに間違いが起こることで、細胞が無制限に増殖する性質を持ってしまうことだとされています。

コピーに間違いを起こす原因としては、紫外線、放射線、発がん性物質(タバコやアスベストを含む)、その他様々ありますが、特にこれをしたからがんになったということがはっきりしていないことがほとんどです。

子宮頸がんや肝臓がんの原因

子宮頸がんはHPVというウイルス感染がきっかけになり、肝臓がんの一部はB型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスが原因になっています。

肺腺がんは女性に多い?

中村獅童さんが公表した“初期の肺腺がん” 症状と治療法は?
特に女性では腺がんが多い傾向にあります。逆に男性で多いのは扁平上皮がんです。

肺腺がんの特徴は、非喫煙者の女性にも多く見られると言われています。

ただ、夫が喫煙者だと、妻は受動喫煙することになり、受動喫煙しない女性に比べて肺腺がんになるリスクは2倍になるとされています。

(参考:予防健康グループ)

肺腺がんの症状

中村獅童さんが公表した“初期の肺腺がん” 症状と治療法は?
咳や痰が増えたり、痰に血が混じることもありますが、がんができる場所によっては無症状です。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会