体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

熱中症で下痢になる原因とは?正しい対処法と効果的な食事内容を解説

熱中症で下痢になる原因とは?正しい対処法と効果的な食事内容を解説
夏場、熱いと感じた時にまさかの下痢。一刻も早く、なかなか治らない下痢を正しく対処したいですよね。

この下痢の原因は実は熱中症であるかもしれません。熱中症が原因で下痢になってしまった場合は危険な状態です。

今回は、熱中症でなぜ下痢が発症するのか、すぐに対処すべき原因などを医師に解説していただきました。

どうして熱中症で下痢になる?

熱中症で下痢になる原因とは?正しい対処法と効果的な食事内容を解説

熱中症の原因

人間は汗によって上がりすぎた体温を調整しています。

夏場の暑いときに、体温が上がり汗をかくことで体内のミネラル(塩分、カリウム、マグネシウムなど)が体外に大量に流れ出て、熱中症を発症します。

熱中症の下痢の原因

■ 水分の排出

熱中症になってしまい、水だけを飲み、塩分やミネラルを補給しないと、体内のミネラル濃度を保つために水を排出しようとする働きが起こります。

そのために下痢を発症してしまうのです。

■ 腸が水分を再吸収しきれない

体温を下げようとして冷たい飲み物を大量に飲むと、腸が水分を再吸収しきれず下痢になります。

■ 臓器の機能の低下

熱中症では汗によって体内の血液量が減ってしまい、腸を含む臓器への血流量が減ることで、臓器の機能が低下することも下痢の原因と考えられます。

熱中症になりやすい場面

熱中症で下痢になる原因とは?正しい対処法と効果的な食事内容を解説

激しい運動

人間の体は、汗を出して体温を下げようと試みますが、激しい運動中は体温の上昇が激しいためその作用が追いつきません。

曇り・雨の日

晴れた暑い日が多いと思われがちですが、くもりや雨の日でも熱中症になりやすいです。 

気温自体は多少低いですが、湿度が高いことがあります。

湿度の高い日は、汗が蒸発せず体温が体内にこもりっぱなしになってしまい、熱中症になりやすくなります。

夜間

高齢者の方が夜間寝ていて、熱中症を引き起こすことが多くあります。

高齢者の場合、昔に作られた風通しの良くない家に住んでいる、また冷房をつける習慣がないため、湿度と温度が高くなってしまいます。

そのため、寝ている夜間に熱中症を引き起こすことがあります。

夜間の室温調整を行い、寝る前にコップ一杯の水を飲むとよいでしょう。

車内

車内では熱がこもりやすく気温が高くなりやすいため熱中症になりやすくなります。

冬のエアコン

冬にエアコンをかけすぎて、乾燥してしまい汗をかきすぎて脱水になり、熱中症になることもあります。

熱中症になりやすい人

熱中症で下痢になる原因とは?正しい対処法と効果的な食事内容を解説

脱水している、体力が低下している方

風邪、胃腸炎などの病気で体力が低下してしまっている場合や、アルコールにより脱水気味の方も熱中症になりやすくなります。

持病がある人

知的障害や精神疾患の持病がある方は、熱中症の症状を自覚しにくかったり、訴えることのできないことがあります。

そのため、持病がある方は注意が必要です。

高齢者

高齢者の方は成人と比べると身体の中の水分が5~10%も少なく、感覚が鈍ってしまいのどの渇きに気がつかず水分補給を怠ってしまいます。

また、トイレが近くなることを嫌がり、水分摂取を控えてしまう傾向があります。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。