体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【YOSHIKI 人工椎間板置換手術】頚椎椎間孔狭窄症とは

生活・趣味

【YOSHIKI 人工椎間板置換手術】頚椎椎間孔狭窄症とは
X JAPANのYOSHIKIさんが、米国時間2017年5月16日にロサンゼルスの病院にて、頚椎椎間孔狭窄症による頚椎人工椎間板置換の手術を無事に終えました。(参考)

頚椎をよく動かすスポーツをしている人などがなりやすい、頚椎椎間孔狭窄症とはどのようなものなのか、医師に詳しく解説していただきました。

椎間孔とは?

【YOSHIKI 人工椎間板置換手術】頚椎椎間孔狭窄症とは
手足を動かしたり、手足の感覚を脳に伝える神経が脊髄から出るために、椎骨と椎骨の間に空いている穴が椎間孔です。

椎骨

首から背中を通っている脊椎(せきつい)の骨のことを、椎骨(ついこつ)と言い、首の椎骨を頸椎(けいつい)、胸の椎骨を胸椎、腰の椎骨を腰椎と言います。

椎骨は輪っかのような形をしており、輪っかの真ん中には脊髄(せきずい)や髄液が通っています。椎骨と椎骨の間にはクッションのような椎間板が入っており、これがある程度柔軟性があるために、首や背骨を前後左右に曲げることができます。

頚椎椎間孔狭窄症とは?

【YOSHIKI 人工椎間板置換手術】頚椎椎間孔狭窄症とは
椎間孔は骨と骨の間にあり、周りは骨をつなぎ止める靭帯で覆われていることにより、下記のような状態になることがあります。

・椎間板がすり減って骨と骨の間の空間が減る
・椎間板の位置がずれて椎間孔にはみ出す(ヘルニア)
・靭帯が分厚くなる
・骨自体が折れたり容積が減る

このような条件により、椎間孔が狭くなることを頚椎椎間孔狭窄症と言います。

頚椎椎間孔狭窄症の原因

【YOSHIKI 人工椎間板置換手術】頚椎椎間孔狭窄症とは
頸椎をよく動かす運動や職業、加齢による骨・椎間板・靭帯の変化などが原因となります。

頚椎椎間孔狭窄症の症状

【YOSHIKI 人工椎間板置換手術】頚椎椎間孔狭窄症とは
椎間孔を通るべき神経が圧迫され、体の筋肉を動かす指令がうまく伝わらなくなって筋力が落ちたり麻痺がおこることもあり、体から脳に伝わる感覚が異常になってしびれや痛みが生じることもあります。

また、頸椎あたりで脊髄から出る神経は、肩や腕、手の運動や感覚を司っていますので、その領域の運動がしにくくなったり、しびれや痛みが生じることも考えられます。

1 2 3次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会