体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

やってはいけない「励まし方」、効果的な「励まし方」

コミュニケーション総合研究所代表理事の松橋良紀さん。そんな松橋さんに「コミュニケーションの極意」についてお話しいただくこのコーナー。第17回目は「やってはいけない励まし方・人を育てる効果的な励まし方」についてです。f:id:k_kushida:20170515180739j:plain

▲「先輩、実は相談が…」どうやら仕事で大きなミスをしてしまったらしい…あなたならどうやって励ましますか?

「私ったらいつもよく考えずに行動して失敗ばかりで…本当にダメだわ…」

「また部長に怒られてしまいました。この仕事に向いていないみたいです…」

このように同僚や後輩が落ち込んでいたら、あなたはどんな風に励ましていますか?

1.「この場合は、こう考えればいいんだよ」とアドバイスをする。

2.「がんばれよ!」「お前なら大丈夫だよ!」と明るい声で励ます。

3.「いやいや、俺なんてもっともっとひどかった」と自分の話をして励ます。

4.「よし、ストレス発散にカラオケでも行こう!」と気を紛らわす。

5.「この前、すごくいい仕事をしたじゃないか!あれはすごかった」と明るい話題で励ます。

励まし方は、この5つのうちいずれかでしょう。

このような励まし方をしている方は多いのではないでしょうか?

しかし、これらの励まし方は、相手にとってあまり意味がありません。実はやってはいけない励まし方なのです。

このような励まし方をしてしまうのは、特に男性に多いようです。

なぜ悪いのかを、説明しましょう。

1.アドバイスしてしまう

特に男性は、悩み事や愚痴を言われると、「解決してあげなくちゃ」と思います。

しかし、相手はアドバイスや励ましの言葉がほしくて、あなたに悩みや愚痴を言っているとは限りません。

相手が女性ならなおさらです。ただただ、自分の気持ちや境遇に共感してほしいだけのときのほうが、圧倒的に多いのです。

あなたがよかれと思って言ったアドバイスは、実は相手にとっては「内容も把握していない、ピンとのずれた余計なお世話」になっている可能性が高いです。

2.「がんばれ」と励ます

本人は本人なりにベストを尽くした結果、うまくいかないから落ち込みます。「がんばれ」という言葉は、「お前はがんばってない。やることをやってないぞ」という意味を感じさせてしまう危険をはらんでいるものです。

3.自分の話を例にして励ますパターン

一見すると相手を思いやった励ましをしているようですが、話ドロボウをした挙句、結果的に自分の自慢ストーリーになってしまうことがほとんどです。

4.気を紛らわすパターン

飲みに行っても、カラオケに行っても、悩みの根本解決にはならないことは明白です。

5.明るい話題で励ますパターン

「この前、すごくいい仕事をしたじゃないか!あれはすごかった」と、成功体験を引き出す励まし方は、この5つの中ではもっともいいです。ですが、あることをしないでいきなりこれをやると、心のバランスが保てません。

このように、ほとんどの人は、5つのどれかで励まします。

では、落ち込んでいる同僚や後輩を前にしたときに、どんな対応をするのがベストなのでしょうか?

まずは心のバケツの泥水を吐き出させてあげよう

f:id:k_kushida:20170515181104j:plain
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。