ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

食べる分だけフリーザーへ!便利でキュートな夏ギフト

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


日差しがどんどん強くなり、気分は夏。そろそろ、ひんやりデザートや冷た~いかき氷が恋しくなってきた人も多いのでは?

ヨックモックが洋菓子の伝統的なおいしさに、和の趣を取り入れて創り上げたお菓子ブランド「WA・BI・SA(ワビサ)」では5月20日(土)より、サマーギフト商品「夏季(かき)の氷(こおり)」を発売する。

「夏季の氷」は常温保存ができ、好きなときに食べたい分だけ凍らせるスタイルの画期的な商品。自宅の冷凍庫で12時間以上凍らせ、常温で10分ほど解凍すれば食べごろになるという。

フレーバーは、甘酸っぱい苺、爽やかなレモン、芳醇な香りのメロンの3種を用意。果実本来の美味しさが楽しめる層と、果実にミルク風味を加えた層の二層仕立てになっているため、見た目も可愛らしく、味わいもまろやか~。

おススメなのは、氷をイメージした涼やかなデザインのボックスがステキな「5個入り」1728円(税込)。


ほろほろさくりと崩れる食感が楽しい和クッキー「香ほろん」との「詰め合わせ」3240円 (税込)も、お世話になっている人へのギフトにはうってつけ。


もちろん、単品(3種)各345円(税込)での購入も可能。好きなフレーバーを好きな数だけ買えるから、自宅用には単品買いが便利かも!?

そのまま凍らせて食べるのはもちろん、フルーツや練乳、ヨーグルトなどを“ちょい足し”して楽しんでみるのがいかが?


例えば、器に「夏季の氷」をスプーンで削って盛り付け、上にカットしたフルーツを乗せれば、見た目も華やかなおもてなしデザートの完成!


また、器に「夏季の氷」(苺)をやはりスプーンで削って盛り付け、上から練乳をかければ「いちごミルクかき氷」風に!お好みでフレッシュな苺を添えてみて。


暑い日にぴったりの、サイダーを使ったアレンジも魅力的。こちらはスプーンで削った「夏季の氷」の上から、サイダーをかけるというもの。シュワシュワと崩しながら食べれば、何とも爽やかな味わい。ミントの葉などを添えるとよりオシャレに。

そのほか、牛乳やヨーグルトを足してまろやかさをプラスしたり、練乳とフルーツを“ちょい足し”して「しろくま風」にしたりと、アイディア次第でアレンジはいくらでも広がりそう!

夏のギフトにはもちろん、おもてなしや自分へのご褒美デザートにもぴったり。昨年の限定発売時には完売してしまったというヒット商品なので、ぜひお早目にチェックしてみて。

詳しくは公式サイト( http://www.yokumoku.co.jp/wabisa/ )へ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。