体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タワーマンションの防災対策レポート[後編] 震災後に竣工/「晴海タワーズ ティアロレジデンス」

タワーマンションの防災対策レポート[後編] 震災後に竣工/「晴海タワーズティアロレジデンス」

2011年3月11日の東日本大震災から6年。震災前から建つマンションと、震災後に建てられたマンションとで、防災対策はどのように講じられているのだろうか? 「タワーマンションの防災対策レポート」前編では、震災を経験した「シティタワーズ豊洲ザ・ツイン」のケースをレポートした。後編では、震災後に建てられ、防災対策に取り組み始めたばかりの「ザ・パークハウス晴海タワーズ ティアロレジデンス」のケースをレポートする。

築1年。震災後に建った晴海タワーズ ティアロレジデンスがはじめたこと

訪れたのは、東京都中央区の「ザ・パークハウス晴海タワーズ ティアロレジデンス」。2016年に建てられた地上49階地下2階、免震構造のタワーマンションだ。築1年に満たないということもあり、同年11月に発足した管理組合の理事たちはまだ1期目。その管理組合が、発足6カ月目の2017年4月に初めての防災訓練を行った。

そもそもの発端は、2016年12月。理事の一人、防災担当のNさんと、ティアロレジデンス自治会長のTさんが、ほぼ同時期に理事長の牧内真吾さんに防災の取り組みについて相談をもちかけたことだった。

「もともと管理会社との契約で、2018年6月までにマンションの防災マニュアルを制定することになっていました。マニュアルづくりのための議論を机上で始めるよりは、まずはイベントを開催してみたほうが課題が見えてくるのではないかという方向に話が進み、管理組合と自治会の共催で防災訓練をすることになりました」(牧内さん)

地域を管轄する臨港消防署や中央区の防災アドバイザーに相談して助言を求める役割は、防災担当理事のNさんが担った。臨港消防署は、支援を依頼すると起震車(地震体験車)などの機材が使える日程を候補日として提示。調整の後に、開催日が決まった。中央区は、区内の約9割の世帯が集合住宅に住む(2015年国勢調査)というだけあって、マンション、とりわけタワーマンションを含む高層住宅については、防災アドバイザーの派遣や、防災に関するDVDを制作して貸し出すなど、サポート体制を整えている。牧内さんたちは、防災イベント開催のノウハウをもつマンション管理会社の協力も得ながら、その都度、ミーティングを開いて準備を進めた。【画像1】写真左:ザ・パークハウス晴海タワーズのティアロレジデンス。奥にあるクロノレジデンス(2013年築)とは管理組合が別々になっている。写真右:総戸数862戸という“大所帯”の管理組合理事長を務める牧内真吾さん(写真撮影/日笠由紀)

【画像1】写真左:ザ・パークハウス晴海タワーズのティアロレジデンス。奥にあるクロノレジデンス(2013年築)とは管理組合が別々になっている。写真右:総戸数862戸という“大所帯”の管理組合理事長を務める牧内真吾さん(写真撮影/日笠由紀)

震度7の揺れ体験、煙体験、消火訓練……約300人が参加した防災訓練

防災訓練当日は、朝8時から管理組合理事や自治会役員が1階エントランスのロビーに集合して、イベント会場の設営をスタート。9時には2階の共用スペースで災害対策本部設置訓練が、9時半からは1階防災センターで臨港消防署や警備会社による防災(消防総合)訓練が行われ、居住者たちも避難階段を使うなどして1階まで降りる避難訓練に参加した。

10時からは火災・地震体験訓練が始まった。避難訓練で1階に降りてきていた居住者たちが、思い思いのコーナーへと足を運んでいく。エントランス前の屋外スペースとエントランスロビーは、赤ちゃん連れ、子連れのファミリーから、高齢のご夫婦や女性二人組までと、幅広い年代の居住者で一気ににぎわった。

屋外で消火器を使っての消火訓練を体験した70代の女性は、「消火器って思ったより重いんですね。今の訓練では、その場で使うだけだったからいいけど、長い距離を運ぶのは大変かも。訓練と分かっていても慌ててしまったので、火事のときは、いかにして落ち着くかが大事だと実感しました」と、訓練から得た教訓を語ってくれた。

1 2 3 4次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。