ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

米Sprint、Androidスマートフォン低価格モデル「ZTE Fury」を発表、3月11日に発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

米Sprintが同社のスマートフォン低価格モデルとして「ZTE Fury」を発表しました。製品は米国時間3月11日に発売されます。価格は新規2年契約で$19.99($50のリベート後)。ZTE Furyは3.5インチディスプレイ、Snapdragon S2 MSM8655 1GHz、500万画素カメラを搭載したエントリーレベルの端末。OSはAndroid 2.3(Gingerbread)。GPS機能を使って端末の位置をブラウザ上に表示できる「Sprint Family Locator」や、アプリの利用制限をかけられる「Sprint Mobile Controls」などの家族向け有料サービスに対応しており、子供向けとしても薦められています。ZTE Furyのスペック OS:Android 2.3(Gingerbread) サイズ:4.65×2.46×047(インチ)、質量4.94オンス ディスプレイ:3.5インチHVGA、IPS液晶 SoC:1GHz Qualcomm MSM8655 メモリ:512MB RAM、4GB ROM 外部メモリ:microSD/microSDHC(最大32GB) カメラ:500万画素カメラ、AF、LEDフラッシュ付き 通信機能:Wi-Fi b/g、Bluetooth 2.1+EDR バッテリー:1500mAh Wi-Fiテザリング対応 搭載アプリ:Sprint Zone、Sprint TV、Sprint Music Plus、Sprint IDなどSource : Sprint


(juggly.cn)記事関連リンク
Motorola、Android搭載GPSウォッチ「MOTOACTV」の機能拡張アップデートを開始
Xperia acro HD IS12Sが本日発売。スリープ復帰後に画面が表示されない事象を解消するソフトウェアアップデートも実施
Google、Android用Googleマップをv6.4.0にアップデート、GoogleマップナビのメニューUIを改善

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。