ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

世界一危険なヘアピンカーブでの事故を防ぐ!車の通行を検知してドライバーに知らせるシステム

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
RoadsthatHonk世界のニュースや文化に関する記事を掲載する雑誌「National Geographic」によると、インドの“Jammu-Srinagar Highway”は世界でもっとも危険な高速道路で、U字型の急カーブが多数あり、死亡事故が絶えないという。

・急カーブ付近で、ドライバーに他の車の到来を知らせる

そこで、石油会社HP Lubricantsと、広告代理店Leo Burnett Indiaが共同で開発したのが「#RoadsthatHonk」というスマートセンサー。道路を走行中のドライバーに、近づいてくる車を知らせ、事故を減らそうという試みだ。

RoadsthatHonk2センサーにはレーダー、ワイヤレス通信、ソーラーパワーといった技術が用いられており、レンジ検知が主な機能だ。これらの動力源はすべてソーラーパワーによるもの。

センサーはペアで動作し、ひとつはカーブポイントに配置され、互いに通信しあって、アンチ衝突警告システムを実現している。

・警笛音とライトでアラート

“SmartLife”というポールが主要な交通ポイントに設置されている。通行が検知されると、ポールに設置されたセンサーが作動してライトが点灯し、大きな警笛音を発して、両サイドを走行中のドライバーに知らせるという仕組みだ。

・交通死亡事故の多いインドの問題解決を

RoadsthatHonk3インド政府の交通レポートによると、2015年に14万6000人以上の人が交通事故で亡くなっており、2014年の約14万人と比べて、その数が増加しているという。日に400人が交通事故で亡くなっていることになる。

“Leo Burnett, South Asia”のRajdeepak Das氏の話では、同社では「#RoadsthatHonk」の技術によって、危険な道路における事故を減らし、命を救うことにつながると信じているという。

HP Lubricantsと“National Highways Authority of India(NHAI)”では、この技術を全国の主要な高速道路に反映させていきたい意向だ。

#RoadsthatHonk

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。