ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【ビルボード】オースティン・マホーンが11週目の洋楽チャート首位、Gイージー&ケラーニがTOP3圏内に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【ビルボード】オースティン・マホーンが11週目の洋楽チャート首位、Gイージー&ケラーニがTOP3圏内に

 オースティン・マホーンの「ダーティ・ワーク」が、通算11週目のNo.1となった今週のBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”。

 2位との差が狭まってきているもの、今週も動画再生回数で洋楽勢TOPをマークし、首位を独走し続ける「ダーティ・ワーク」。あと2週首位をキープすることができれば、現在、歴代洋楽チャート首位最長記録13週を保持するブルーノ・マーズ「24K・マジック」、テイラー・スウィフト「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!」に並ぶこととなる。

 デジタル・セールスとストリーミングの指標で洋楽勢TOPとなったアリアナ・グランデ&ジョン・レジェンドによる「美女と野獣」は、わずか200ポイント差で2位に停滞。そしてついにTOP3圏内に浮上したのは、Gイージー&ケラーニ「グッド・ライフ」。映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』のサウンドトラック収録の同曲は、映画の話題性をうけ、Twitter指標で今週洋楽勢1位に、デジタル・セールスやストリーミングも好調に推移している。

 12位にはエド・シーランの「ゴールウェイ・ガール」、そして19位にはケイティ・ペリーの「ボナペティfeat.ミーゴズ」が初登場。後者は、エアプレイを大量に稼いでおり、6月のニュー・アルバム発売にむけたプロモーションが本格化すれば、さらなるチャート・アクションにも期待できそうだ。

◎【Hot Overseas】トップ10
1位「ダーティ・ワーク」オースティン・マホーン
2位「美女と野獣」アリアナ・グランデ&ジョン・レジェンド
3位「グッド・ライフ」Gイージー&ケラーニ
4位「シェイプ・オブ・ユー」エド・シーラン
5位「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」ジャスティン・ビーバー
6位「シー・ユー・アゲイン」ウィズ・カリファfeat.チャーリー・プース
7位「ステイ」ゼッド&アレッシア・カーラ
8位「アイム・ザ・ワンfeat.ジャスティン・ビーバー、クエヴォ、チャンス・ザ・ラッパー&リル・ウェイン」DJキャレド
9位「クローサーfeat.ホールジー」ザ・チェインスモーカーズ
10位「サムシング・ジャスト・ライク・ディス」ザ・チェインスモーカーズ&コールドプレイ

関連記事リンク(外部サイト)

5月15日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート“Hot Overseas”
ケイティ・ペリー、新生『アメリカン・アイドル』の審査員に決定
【米ビルボード・ソング・チャート】J・ビーバー参加の「デスパシート」リミックスが初のNo.1、ハリーのシングルがTOP20再浮上

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。