ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

パクチー好き必見!パクチー新作メニューがあるお店はココ!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ちょっとクセがあるけれど、好きになるとやみつきになる「パクチー」。パクチー大好きな、通称“パクチニスト”も大喜びする、パクチーいっぱいの新作メニューを紹介しよう。気になったらすぐにお店に行ってみて!


1.表参道・Natural Cream Kitchen「パクチークレープ~パクチーキャビア添え~」950円(税抜)
“日本初上陸”のフレッシュパクチーを練り込んだ生地にパクチーカスタードクリームをたっぷり包んだクレープ。オレンジソースにオレンジピールを加え、キャビア風パクチーと柑橘系の風味がパクチーと絶妙に絡んだモチモチ食感が絶品だ。ほかにも「パクチーパンケーキ」1080円(税抜)、「パクチースムージー」800円(税抜)など、パクチー好きにはたまらないメニューが満載。(渋谷区神宮前5丁目10-1 GYRE B1F)


2.肉バル カモショッタネギ新橋店「パクチーのフルコース」
鴨料理が中心の「肉バル カモショッタネギ新橋店」で5月16日から始まる新メニュー。パクチーをたっぷり使った料理が前菜・メイン・デザートまで揃っている。「鴨のロースト フォアグラのテリーヌ添え2色ソース 」1200円(税抜)、「ベジタブル×テキーラ」700円(税抜)、「パクチーと小海老のアヒージョ」950円(税抜)…etc.コースとして食べてもよし、単品でアクセントとして食べてもよし、パクチーを食べつくす幸せが味わえそう。(港区新橋4丁目18-4 村上ビル 1F)


3.ロメスパバルボア「パクチーと鶏肉 レモンバター風味」並盛り/700円(税込)
都内に5店舗を展開している「ロメスパバルボア」。もちもち食感の極太スパゲティ麺を、やみつきになる濃い目のソースで豪快に炒めて仕上げた焼きスパゲティ専門店だ。「パクチーと鶏肉 レモンバター風味」は、小松菜、玉ねぎと共に炒めた極太麺に、特製のレモンバター風味のソースで味付けし、仕上げにパクチーをトッピングした一品。追加でパクチーをトッピングする、“追いパクチー”に対応してくれるのもパクチストにはウレシイ限り(プラス100円)。6月下旬までの期間限定なので、気になったらすぐにGO!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。