体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドラッカーが「自分で自分の反対者になれ」と言ったワケとは?

12万部を超えるベストセラーシリーズとなった『プロフェッショナルサラリーマン(プレジデント社、小学館文庫)。その著者である俣野成敏さんに、P・F・ドラッカーの名言を解説いただくコーナー。第10回の今回は、「対立意見の必要性」についてです。

【P・F・ドラッカーについて】

ピーター・F・ドラッカー(1909〜2005)は、オーストリア出身の著名な経営学者。激動のヨーロッパで古い価値観・社会が崩壊していくのを目撃。ユダヤ人の血を引いていたドラッカーはナチスの台頭に危険を感じて渡米、ニューヨーク大学の教授などを経て、執筆と教育、コンサルティング活動等に従事する。

ドラッカーが深い関心を寄せていたのは、社会において企業が果たす役割についてであり、生涯にわたって、組織内で人をよりよく活かす方法について研究、思考し続けた。「マネジメントの父」と呼ばれ、GE社のジャック・ウェルチ氏やP&G社のアラン・ラフリー氏など、ドラッカーを師と仰ぐ世界的な経営者は数多い。

f:id:tany_tanimoto:20170515173158j:plain

こんにちは。俣野成敏です。

著名な経営学者であるP・F・ドラッカー氏の言葉に「私なりの解釈を付けて読み解いていく」というこのコーナー。

世界中に支持者を持つ一方で、難解と言われることも多いドラッカー氏ですが、残された著書を紐解くことによって、長年にわたり世界的企業の第一線で指導を続けた氏の真髄に触れることができます。これを機会にぜひ氏に親しんでいただき、氏の英知をご自身の仕事に取り入れていただくきっかけとなりましたら幸いです。

本日ご紹介する名言は、こちらです。

【本日の名言】

「成果をあげる者は意図的に意見の不一致をつくりあげる。そうすることによって、もっともらしいが間違っている意見や不完全な意見によってだまされることを防ぐ」

(P・F・ドラッカー『経営者の条件』)

以前、「決定には判断と同じくらい勇気が必要である」というドラッカーの名言をご紹介しました。その理由として「決めた瞬間に人は不安になり、必ず反対者が出てくるから」だというお話をしました。今回の名言は、その続きとも言える内容になります。

「対立意見」が必要な3つの理由

意思決定を行う人にとっては、反対者がいなければ「これほど楽なことはない」と思われるかもしれません。しかしドラッカー氏は、この名言の中で「対立意見を意図的につくるべきだ」と提言しています。これは一体、どういうことなのでしょうか?

氏はその理由として、次のように述べています。

「意見の不一致は、三つの理由から必要である。第一に、組織の囚人になることを防ぐからである。…第二に、選択肢を与えるからである。…第三は、想像力を刺激するからである」

(『経営者の条件』)

通常、組織で働いているみなが「自分にとって有利になる決定をしてもらいたい」と思っており、意思決定には利害関係を伴います。ここでどれか特定の意見に流されてしまうと、「正しい意思決定ができなくなる」というのが第一の理由です。次に、そもそも選択肢が少ない中での決断は、外れたときのリスクが大きい、というのが第二の理由。最後に、いろいろな可能性を想定する際に、対立意見があった方が、かえって思いがけないアイデアが出てくる、というのが第三の理由です。

人が何かを判断しようとする際に、犯しがちな間違いとは、「『自分の見方だけが正しい』という前提に立っていることにある」と氏は言います。おそらく、あなたにも心当たりがあるのではないでしょうか。

しかし、人にはそれぞれ生きてきた経緯や考え方、置かれている立場などがあり、それによって事実の捉え方も異なってきます。たとえ同じ「事業の失敗」であっても、「誰が責任を取るんだ?」と反応する人もいれば、「これは貴重な教訓だ」と捉える人もいるということです。

対立意見は「良い決定を生む」

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。