ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

レーズンがたっぷりと入ったぶどうパン

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

5月16日放送の「あさチャン!」(TBS系、午前05時25分~)では、ひとつのものにこだわったオンリーワンの専門店を特集した中で、「舞い鶴」(東京都文京区)が紹介された。

こちらは東京メトロ千代田線湯島駅A3出口から徒歩1分の所にあるぶどうパンの専門店。店内にはシンプルなぶどうパンや天然酵母のぶどうパン、クルミや栗が入ったぶどうパンなど5種類が並んでいる。また、イートインスペースも併設しており、焼きたてのぶどうパンを楽しむお客さんも多い。

自慢は何と言ってもレーズンの量。パン生地とレーズンの割合はおよそ1対1で、包める限界の量まで入れている。それをオーブンでこんがり焼き上げれば、どこを食べてもレーズンを感じられるお店自慢の「ぶどうパン」(700円/税込み)が完成。パンをなるべく厚めにカットしてオーブントースターで焼き、フレッシュバターをたっぷりと乗せて再度オーブントースターで温めるという食べ方がオススメなんだとか。

また、巨峰のレーズンを使った「天然酵母・巨峰入りぶどうパン」(1650円/税込み)もある。粒が大きい山梨県産の巨峰から作るレーズンは干しても大きいまま。これをたっぷりと入れたぶどうパンは、パンというよりケーキに近いと大人気になっている。週3日(火・金・土曜日)の限定販売で、お客さんは「普通のレーズンパンもすごくおいしいんですけど、こっちを食べちゃうともうこっちしか食べられなくなっちゃいます」とコメントしていた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:ぶどうパンの店 舞い鶴(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:湯島のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:カフェ・スイーツのお店紹介
ぐるなび検索:湯島×カフェ・スイーツのお店一覧
トマトがまるごと上にのった大豆肉のハンバーグ
豆腐とポテトを使ったオリジナル料理

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。