ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

初心者でもドローンレースが楽しめる!FPVレーシングモデルの「Black Talon 2.0」発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
fullsizeoutput_29e5搭載カメラで撮影した映像を楽しみながら操作するFPV(First Person View)ドローン。そのFPVのレース用の新モデルがドローンメーカー「Aerix」から登場した。

小型の「Black Talon 2.0」はビギナーでも楽しめる簡単な操作性が売り。また、旧モデルでは5.8GHz帯無線を使っての映像伝送だったが、2.0ではWi-Fiを活用した高品質ストリーミングとなっている。

・ゴーグルでパイロット気分

Black Talonではコントローラーにスマホをセットできるようになっていて、専用アプリで撮影映像を見ながら操作できる。

fullsizeoutput_29e7そして今回は、映像を楽しむためのゴーグルも発売。このゴーグル、またはGoogle cardboardと互換性のあるゴーグルを使うと、かなり“パイロット感”を楽しめるとのこと。

加えて、Wi-Fi活用によりストリーミング映像は以前より格段にクリアになり、100フィート以上離れても映像を楽しめるという。

・高度を自動維持

開発元が「初心者用FPVレーシングドローン」とうたっているのは、操作をサポートするソフトウェアを搭載しているから。最も心強いのがドローンの高度を維持する機能だろう。これによりユーザーは飛行方角や旋回などの操作に集中できる。

fullsizeoutput_29e9また、ワンタッチでユーザーの手元に戻って来る機能も便利だ。もちろん、完全マニュアル操作をすることも可能で、操作に慣れてきたらチャレンジするとよさそう。

Black Talon 2.0の価格は115ドル(約1万3000円)、ゴーグルは20ドル(約2200円)となっている。

Black Talon 2.0

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。