体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

部屋干しを100分で終わらせる! パナソニックの衣類乾燥除湿機『F-YHPX200』で梅雨もへっちゃら!

洗濯物を部屋干しする人が増えている。置き型「衣類乾燥除湿機」の市場も拡大し、機能も年々進化中。今回はパナソニックとライオンが共催し日本気象協会が協力する「お洗濯情報セミナー」に参加し、最新型の衣類乾燥除湿機、パナソニック『F-YHPX200』を取材した。

 

2017年の梅雨に備える「お洗濯情報セミナー」!

やってきたのは東京都江戸川区・平井。

「お洗濯情報セミナー」はライオン株式会社の研究開発本部内にて開催。

会場には多数のマスコミが詰め掛けた。

最新の衣類乾燥除湿機について説明してくれたのは、パナソニック株式会社の亀谷佳子(かめがい よしこ)氏だ。

 

 

部屋干しはなぜ、乾きにくくイヤな臭いがするのか? 

ここ15年ほど、洗濯物を部屋干しする世帯は増え続けている。背景には共働き世帯数の増加があり、特に子育て期は乳幼児~子供の部活動が盛んな年頃まで洗濯機をフル回転、「日中外に干すなんてムリ!」という家庭が多いのではないだろうか。

 

だが部屋干しで気になるのは乾きにくさ臭いだ。その理由を亀谷氏が解説する。

洗濯物の水分が乾燥した周りの空気に移動することで洗濯物は乾く。しかし周りの空気が高湿になると、それ以上洗濯物から水分が移動できなくなる。乾くスピードは急速にダウンし、湿った洗濯物の繊維の上で菌が活動、臭いの原因となる。つまり、除湿をしつつ水分移動を促すため空気を循環させることがスムーズな部屋干しに必要なのだ。

 

風を当てながら除湿する、衣類乾燥除湿機の合理性はここにある。空気清浄機と同程度、わずかな設置スペースながら洗濯物を1~2時間程度で乾かしてしまうという、最新機種の機能をクローズアップしよう。

 

4kgの洗濯物も、わずか100分強で乾かす! 最新機種『F-YHPX200』

パナソニック株式会社の新製品であるハイブリッド方式衣類乾燥除湿機『F-YHPX200』(2017年4月20日発売予定、想定市場小売価格10万円前後)。

部屋干し乾燥に特化した機能を誇り、衣類乾燥スピードNO.1をうたっている。従来のラインナップにおける最上位機種は120系であり、1日の最大除湿能力は12.5Lだったが、今回の200系は20L/日の除湿能力を誇る。本体サイズも120系に比べて一回り大きい200系だが、置いてある印象では、それほどの差を感じなかった。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。