体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【翻訳記事】アニメ入門講座:ツンデレキャラについて パート1 (その2)

【翻訳記事】アニメ入門講座:ツンデレキャラについて パート1 (その2)

—————————————————————————————————-

 

アニメ作品におけるツンデレの存在はキャラクターの相関関係をより複雑にする

 

私はこの部を「ハーレム作品におけるツンデレの存在は主要男性キャラに深みを出す」という題にするつもりだったが、よく考えてみると、自分の主張をより一般的に適用できることに気づいた。人物関係、つまりある人物の他の人物に対する繋がりややり取りは、登場人物像の確立の最も重要な側面の一つである。暴走族と共に走り回っている人が、毎週土曜日に母親と昼食とティータイムを楽しんでいることを知れば、その人物についてかなり多くのことが分かるように。

したがって、変わっていてクセのある(つまりツンデレ)キャラクターを投入すると、面白くなる。この人物に対する他の人の反応を見るのが面白いだけでなく、従来の人物相関関係では表面化しない、登場人物についてのヒントが見れるかもしれないのだ。警務員と無実の死刑囚はどういう関係を持つだろうか?謙虚なクリスチャンと彼女のレズな娘はどういう関係を持つだろうか?地球最後の男と彼の唯一の動物の相棒はどういう関係を持つだろうか?(引き合いに出した映画3つを全て当てれば、ボーナスポイント。ヒント:全部2つ以上の答えがあるよ)

これは、ツンデレを用いたアニメの、私が肯定する数少ない側面である。キャラクターAは彼女のツンにどう反応するだろうか?キャラクターBは彼女を我慢できるほどの忍耐力と寛容さを持っているだろうか?キャラクターCは彼女のデレを見ることができるほど鋭い知覚を持っているだろうか?我々が人物関係により知るこれらは、全てツンデレキャラのみが提供できるのだ。

 

【翻訳記事】アニメ入門講座:ツンデレキャラについて パート1 (その2)

 

左から右へ:キャラクターC、キャラクターA、ツンデレ、キャラクターB。

 

キャラクターのツン/デレの二面性は対立を引き起こす便利なツールである

本筋に参加できるキャラクターよりいいものってなんだ?もちろん、本筋を作るキャラクターである。対立とは多くの面白い話の中心的な役割を果たし、対立を引き起こすことは話を進めるのに重要となる。良い物は何でもそうだが、良い対立もまた構想するのは難しい。例えば、ある男を殺人で罰すべきか、妻を守ろうとしていただけなので無罪にするか、決断を下す際の裁判官の内的葛藤はとても良い対立だが、りんごとオレンジのどちらを買うかをめぐっての二人の争いは、かなり悪質な対立である。

ツンデレキャラはツンとデレという基礎法則を中心に据えた人物であるため、自然と悪質な対立のホットスポットとなる。ツンを引き出し対立を起こし、これを解決するためにデレを引き出すのは、痛々しいほど作家達に多用されている。ツンデレキャラの素地がこのような展開を書くのを安易にしており、実際、この展開は単純で短絡的すぎてギャグマンガに相当するほどである。

ギャグコメディ作品にとても背の高いキャラクターが居れば、そのキャラクターの背がネタになるのは必須だ。同様に、話にツンデレ要素があれば、そのキャラクターのツン面によって悪質の対立が起こる。これは既知の事実であり、より文章力のある著者から変えていくべきことである。

【翻訳記事】アニメ入門講座:ツンデレキャラについて パート1 (その2)
1 2 3次のページ
生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。