体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アンジュルム 何があろうと“止めれるもんなら止めてみろ!”未来をこじ開けてきた者達の凄み……そして「この場所で待っているから」

アンジュルム 何があろうと“止めれるもんなら止めてみろ!”未来をこじ開けてきた者達の凄み……そして「この場所で待っているから」

 2015年『大器晩成/乙女の逆襲』以降の快進撃でアイドルシーンに新たな波を生み、ド迫力のパフォーマンスと無邪気過ぎるキャラクターでもって、伝統あるハロー!プロジェクト内でも我が道を突き進んでいるアンジュルム。5月15日【アンジュルム コンサートツアー2017春 ~変わるもの 変わらないもの~】最終公演として、スマイレージ時代から数えて5度目となる日本武道館へ挑戦した。

アンジュルム キュートなライブ写真一覧

<『ワンピース』麦わらの一味を地で行くようなグループ 快進撃を阻む壁>

 アンジュルムの勢いが凄い。これは「大器晩成」のヒット以降、あらゆる楽曲やコンサート、インタビューや囲み取材での発言、チャートアクションやファンの増加率などからも感じ続けていたことだが、気付けば和田彩花はハロー!プロジェクト全体のリーダーに就任、2017年新春のハロコンではアンジュルムの象徴的楽曲「友よ」を全ハロプログループと共にオーラスで披露と、今や彼女たちはハロプロのみならずアイドルシーンを牽引していく存在にまでなった。「打倒!モーニング娘。」を無邪気に打ち出してしまう大胆不敵さ、プライベートで海や遊園地にみんなで遊びに行ってしまうフレンドリーさ、そして彼女たちの生き様やキャラクターとダイレクトにリンクする楽曲やライブのドラマティックさ。自ら「どん底」と称するスマイレージ後期の悔しさも力と笑顔に転換し、そのポジティブな力で周囲をどんどん引き寄せていく求心力もそうだが、このグループのあらゆる魅力はメンバーたちのバカが付くほどの純粋さに起因しており、そのピュアネスが爆発したときのアンジュルムは子供っぽい表現になってしまうが(子供っぽさも彼女たちの魅力なのでこの言葉を選ぶが)無敵である。

 そんな『ワンピース』の麦わらの一味を地で行くようなグループゆえ、アンジュルムは前述した通りの快進撃でここまで突き進むことが出来たのだろう。が、しかし、どんなアニメの主人公もそうであるように物語に苦難は付き物。今回の5度目となる日本武道館は、今やファンの間で伝説化している福田花音卒業公演【百花繚乱】(http://bit.ly/1Uqlce6)や、田村芽実卒業公演【九位一体】(http://bit.ly/1sKdhPx)に勝るとも劣らないコンサートにしたいという想いもある中で、本編でメンバーも語っていたが、チケットの売れ行きがなかなか伸びないという事態に見舞われた。工藤遥の卒業が発表されたばかりのモーニング娘。’17の全国ツアーや、翌月に控える℃-uteの解散コンサート、ももちこと嗣永桃子のラストライブ等、同じハロプロ内だけでもこれだけ多くの重要イベントと時期が重なったことも理由のひとつだろうが、アンジュルムの勢いが凄い。こう評価され続けてきた彼女たちにとって、そして何よりも今回のツアー及び武道館公演に過去最大級の自信を持っていた彼女たちにとって、この事態は想定外であっただろうし、悔しい想いもしたことだろう。

<そのすべてが変わらない私たちそのものだなと思ってます>

 そんな状況下で迎えた5月15日、日本武道館。ツアーやイベント、ブログ、ツイッターなどを通して当日まで「自信しかない!」「楽しみしかない!」と一切の悲哀を匂わせないアンジュルムらしい呼びかけを続けていた、そしてファンたちが「今のアンジュルムを観てほしい!」という熱い呼びかけを続けていた甲斐もあってか、少し前まで「チケットが半分しか売れていない」状況だったという会場は、2階最後方ブロック以外は埋まるという、最後まで諦めない気持ちが見事に反映された光景。その光景の中にはかつてここで卒業を迎えた福田花音や、同じくスマイレージ1期メンバーの前田憂佳の姿も。スマイレージ×アンジュルムがテーマとなっている同公演に相応しいシチュエーションで【アンジュルム コンサートツアー2017春 ~変わるもの 変わらないもの~】最終公演の幕は開けた。

 つばきファクトリーのオープニングアクト、荘厳なオーケストレーションによるオープニングSEを経て登場した彼女たちは、何があろうと明るい未来をこじ開けていくかのように「I 無双 Strong!」なるライブ新曲を激しくエモーショナルに、そして何より明るく開放的に歌い踊り、一瞬にして熱狂の渦を生み出す。歌、ダンス、ビジュアル、メンタルと全ての面においてベストコンディションに仕上げてきた8人による、まるでアンジュルムの無双状態はまだまだ続いていくと言わんばかりのパフォーマンス。なお、この日のセットリストはアンジュルム時代とスマイレージ時代の楽曲をブロックごとに振り分け、そこに初披露となる新シングル『愛さえあればなんにもいらない/ナミダイロノケツイ/魔女っ子メグちゃん』も織り交ぜていく、2009年のインディーズデビューから今日に至るまでの歴史を新旧メンバー一丸となって体現する構成になっており(詳しくは文末のセットリストをご覧頂きたい)、そこには和田彩花いわく「ここまで様々な変化を遂げてきたアンジュルムなんですけれども、可愛い部分とか、格好良い部分とか、あとは楽しい部分とかね。熱い部分、そしてちょっと切ない部分だったり、ミステリアスな部分……そのすべてが変わらない私たちそのものだなと思ってます。そんな想いを詰め込んだ今回のツアー、皆さん、最後まで楽しんでいって下さいね!」という想いがあった。

1 2 3 4 5次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会