ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【動画】映画『LOGAN/ローガン』、ローラ役を演じたダフネ・キーンのオーディション映像を公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

X-MENシリーズとその最新映画『LOGAN/ローガン』のファンは、新人女優のダフネ・キーンが、ローラの別名でも知られるX-23役を手に入れた当時の秘密を知るチャンスを得た。

発売予定の同作のブルーレイには、11歳の少女キーンのオーディション映像に加え、共演者であるパトリック・スチュワート、ヒュー・ジャックマンが彼女の演技についてコメントしたインタビュー映像が特典として含まれている。

「私の人生で見た中でも、類まれなオーディションテープのひとコマです」と、スチュワートは述べている。チャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX)役を再演したこのベテラン俳優は、ジェームズ・マンゴールド監督の手によるクリップ映像に登場する。同じ映像の中で、キーンはリクエスト通りに即興でシーンを演じ、オーディションを勝ち抜いた。

このシーンでは、キーンが自分の話を信じるように要求するも、ジャックマンは彼女をののしり、繰り返しはねつける。すると、キーンはジャックマンをにらみつけ、突如として怒れるスパニッシュ系に豹変。この話は、『LOGAN/ローガン』のプロットにおいて重要な意味を持つ。

「彼女には、他の俳優には求められない素質と高い精神力、ある種の存在感、そして、私にもまだ完全には理解できない成熟ぶりが見られます」と、プロデューサーのハッチ・パーカーは語る。「この最も難しいシーンに対処する一方で、ヒューやパトリックを相手に感情を表現し、同時に肉体をコントロールする必要があります。これはかなり苛酷な要求です。彼女を発見できたことは、本当に素晴らしかった」(パーカー)。

『LOGAN/ローガン』は、米国にてデジタル配信が5月16日(現地時間)に始まり、ブルーレイ、DVD、4K Ultra HDが5月23日(現地時間)にリリースされる(日本の劇場公開は6月1日)。

ダフネ・キーンのオーディション映像は、本記事の冒頭にて。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。