体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

表で見やすくしたい!HTMLでテーブルを表示する方法【初心者向け】

HTMLについて今さら聞けない!という初心者のために、HTMLの基礎を紹介する記事です。

今回は、HTMLでテーブルを表示する方法について、初心者にも分かりやすく2人のキャラクターを用いて教え合いながら解説しています。

 

こちらの内容はTechAcademyのWebデザインオンラインブートキャンプでも扱っています。

そもそも、HTMLの記述方法がわからない場合は、先に HTMLの書き方 の記事をご覧ください。

 

なお、今回の記事の内容は動画でもご覧いただけます。(2つに分かれています)

テキストよりも動画の方が理解しやすいという場合はぜひご覧ください。

 

今回の登場人物

 

20163020-2田島悠介(29)

元エンジニアで、現在は田島アプリスクールのメンター。人の成長を見るのが一番のやりがいになっている。
好きな映画は『トスカーナの休日』

 

20160620

大石ゆかり(24)

若いからという理由で、アパレル会社のIT部門に。業務で必要なためメンターの田島悠介にプログラミングやデザインを教わっている。
Instagramには3つの写真加工アプリで編集してからアップするという。

 

 

テーブル(表とは)

まずはテーブル(表)の基礎を知っておきましょう。HTMLでも表をつくることができます。表はテーブルと呼ばれます。

横一列のデータのことを「行(レコード)」といい、ひとつのデータの塊を意味します。縦一列のデータを「列(カラム)」、ひとつひとつのマスのことを「セル」と呼び、セルの中に各データの値を入れていきます。「行(レコード)・列(カラム)・セル」は、Excelやデータベースでデータを管理するSQLでも共通している概念ですのでぜひ覚えておきましょう。

 

HTMLでテーブルを表示するために使うタグ

HTMLでは以下のタグを使ってテーブルを表示します。

 

・〜

表(テーブル)をつくるタグです。

・〜 table record

1 2 3次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。