ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

予定日を1週超過、バルーンでも出てこない! レントゲンでわかった児頭骨盤不均衡

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguedi:20170515220003j:plain f:id:akasuguedi:20170515214203p:plain

予定日を過ぎても陣痛が来る気配はなく、出産する2日前の健診でも子宮口が柔らかくなっている程度でほとんど子宮口は開いていませんでした。

母も姉も安産だったのに…と思い、出産予定日前後で出産したいと思っていたため、内心不安や焦りでいっぱいでした。

妊娠41週前日の健診で、勇気を出して先生に「出来ればもう出産したい」と相談をしました。先生から了承を得て、同意書を書き、翌日バルーンによる陣痛誘発が決まりました! 関連記事:頑張ったのに予定日超過、周囲の「まだ?」にしょんぼり…でも赤ちゃんを信じて待つ!

翌日、朝から入院道具を持って病院へ…到着後、準備をして早速バルーンを入れてもらい、陣痛の誘発を開始しました。

助産師さんからは初産の場合、バルーンを入れて順調に出産までいく確率は50%だと言われいました。

始めは会話をする余裕もありましたが、徐々に痛みが来て最終的には喋れなくなるほど痛かったです。

私の場合、陣痛中も胎動があり、陣痛の痛さとお腹の中で我が子が暴れていて肋骨辺りを蹴られる痛さで全く動けず、息をするのがやっとでした。

しかし子宮口は開かず、夜になり一旦バルーンを出すことに…。

その際、助産師さんから「初産の場合、バルーンを出すと痛みが治まってしまい、翌日一からスタートになる場合が多い」と言われていました。

しかし、バルーンを抜いても痛みは治らず、むしろだんだん陣痛の間隔が短くなっていきました。

夜中、ずっと陣痛があり1分間隔まで行きましたが、子宮口は7cmまでしか開かずに朝を迎えました。

朝7時ごろ、助産師さんから「先生が陣痛誘発剤を打つと言ってるので後から行います」と説明がありました。

私は子宮口が7cmからなかなか進展がなかったのと、ずっと胎動があるため、このまま産める気がせず、助産師さんに「先にレントゲンを撮ってください」とお願いしました。

その後、先生からもOKが出て、レントゲンを撮りました。

ナースセンターに私、病院に来てくれていた私の母と主人が呼ばれ、先生は「赤ちゃんの頭が引っかかっていて、通常の分娩は厳しい…お昼頃に帝王切開しましょう」とのこと。同意書を記入し、手術まで陣痛と戦いました。

お昼になり、準備をしてもらい、手術を行って頂きました。手術中は一晩寝ていなかったため意識朦朧でしたが、なんとか起きていました。

そして看護師さんの「おめでとうございます!」の言葉と共に、我が子との初対面!

しわくちゃの我が子はとても可愛かったです。やっと会えたことが嬉しい反面、麻酔はしているので痛みはもちろんありませんが、自分の体に何かされている感覚はあるので怖かったです…。

術後、手術当日は麻酔が残っており痛みはありませんでしたが、翌日以降は傷口が痛く起き上がるのも一苦労でした…。

入院中はベッドのリクライニング機能を使って寝たり起きたりしていました。 関連記事:本当の戦いは産んだ後に待っていた! 痛みに強い私が涙した、帝王切開後の辛さ

1番驚いたことは自分のお腹です。出産後、すぐにへこむと思っていたお腹はなかなかへこまず…入院中は妊娠8ヶ月の時のお腹のようでした。

出産後、3、4ヶ月くらいまでお腹が出ていたように思います。

月並みですが、子どもを産むって大変だな…と身をもって思いました。

しかし、無事に3,288gで我が子を出産出来、全てが終わったあとはほっとしました。

我が子には最後まで一緒に頑張ってくれたことに感謝の気持ちでいっぱいです!

著者:tic-mom

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

「可愛い私の赤ちゃん!」気分にならない産後直後の私、この先大丈夫!? by水谷さるころ
初めての陣痛!初めての出産!
えっ、今から切るの?! 38週の検診で急遽決まった帝王切開に、心の準備が…!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。