ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

emmaと生電話できるスペシャル企画を大発表!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

emmaと生電話できるスペシャル企画を大発表!
J-WAVEで放送中の番組「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。5月15日(月)は月曜担当のemmaとのコンビでお届けしました。

月曜の名物コーナー「エマーミュージック」。emmaに“聞いているとモデル友達に自慢できるナンバー”を藤田が伝授するこのコーナー。今週紹介したのは、カリフォルニアのバンド「HAIM」!

兄弟バンドはたまに聞きますが、こちらは3姉妹。家族だからこそ可能な複雑なコーラスワークが魅力のバンドです。3姉妹でバンドというスタイルに「楽しそう!」とemma。

HAIMはもともとバンド経験のあった両親と一緒に「Rockinhaim」というバンドを家族で結成。地元のイベントなどで両親の好きな60年代、70年代のクラシックロックのカバーを披露していました。その後、3姉妹で本格的にバンド活動を開始し、名前を「HAIM」に。アメリカで開催される音楽の見本市的なビッグフェス「SxSW(サウス・バイ・サウス・ウエスト)」や、イギリスの音楽イベントフェス「THE GREAT ESCAPE」など、新人登竜門となるイベントで大絶賛され、注目を集めました。

また、BBCで毎年発表されるネクストブレイク・アーティストにも選出されている他、グラミー賞の最優秀新人賞にもノミネート!「例えば、表現的には、emmaちゃんも大好きなスパイス・ガールズがクラシックロックに傾倒していたらこんなサウンドになっていただろう、みたいな」(藤田)。

そんなHAIMは7月に最新アルバムをリリースするのですが、その中の「Want You Back」はJ-WAVEの他の番組でもオンエアされているので聴いたことがある人も多いのではないでしょうか。この日は、HAIMが世界に注目された代表曲「Forever」をお送りしました。

「けっこう曲に振れ幅があるので、こういうハネた曲もあればエネルギッシュな曲もあり、ちょっとしっとりしたイメージもあり…とにかく、この3人の姉妹が見せるいろんな表情が楽しめます」と藤田。演奏もいいのですが、踊っているミュージックビデオもあったりするので、どんなタイプのジャンルが好きな人でも楽しめるバンドです。ミュージックビデオもチェックしたemmaは「好きな世界観ですね」と気に入ってくれたようです。

そして、この日は来週お送りする「エマーミュージック」のスペシャル企画を発表しました! その内容は…

「琢己さんの代わりにみなさんから、わたくしemmaに、曲をオススメしてもらいたいと思ってます! その曲が好きな理由やエピソードを交えてオススメ曲の魅力を教えてください!」(emma)

なんと採用された人には、「SONAR MUSIC」から生電話をして、プレゼンしていただきます! emmaに直接、自分の大好きなナンバーをオススメできるチャンスですよ! さらに5月21日(日)に発売されるemmaのビジュアルスタイルブック『emma』にサインを入れてプレゼント! 参加したいという方は、番組サイトからご応募ください!

■今回のオンエア曲
The Hotpantz「Nowhereland [type A]」
あいみょん「愛を伝えたいだとか」
Harry Styles「Carolina」
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「R.Y.U.S.E.I.」
Axwell Λ Ingrosso「Renegade」
The fin.「Afterglow」
go!go!vanillas「平成ペイン」
DYGL「All I Want」
evening cinema「わがまま」
DJ Khaled feat. Justin Bieber, Quavo, Chance The Rapper, Lil Wayne「I’m the One」
HAIM「Forever」
Cornelius「あなたがいるなら」
Yogee New Waves「World is Mine」

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 23時30分−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。