体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Bassalo バッサロ』オーストリア発の新感覚キャッチボール!ヨーロッパで話題沸騰のスポーツを遊ぼう!!

オーストリア発の新スポーツ『Bassalo バッサロ』。カップでボールを投げて受け取る新感覚のキャッチボールとも言われ、ヨーロッパで話題沸騰中なのだとか。動体視力、集中力、反射神経が鍛えられるとして、オーストリアの学校での導入が進んでいるという話も。そんな『Bassalo』がついに日本初上陸!

使用するのはカップとボールだけ!単純だからこそおもしろいっ!!

System Connected株式会社(東京都台東区)が販売する『Bassalo』(税別3,780円・2017年5月17日発売)で使うのは、カップとボールのみ。発祥のオーストリアをはじめ、ドイツ、フランスなどのヨーロッパ各国、アメリカ、ロシアなど25約カ国で親しまれており、日本でもブームの予感がプンプンに漂っている。

カップは高さ25cmほどの合成樹脂製で、開口部が少し広がっている。EUの食品規定でコップとしても認められているというから、小さな子どもと遊ぶ時にも安心だ。

ボールはゴムのような触り心地だが、決して柔らかくはない。ピンポン玉程度のサイズで、重みがあるので風が吹いていても屋外で遊ぶことができる。このずっしりとした重みが本格的で、子ども用の “玩具”ではなく、スポーツを楽しむためのアイテムなんだと実感する。

遊び方の基本は、ボールを投げて受け取る「スロー&キャッチ」。『Bassalo』は手でボールを投げるのではなく、カップに入ったボールを、カップを使って直接相手に投げるというのが特徴といえるだろう。

 

手首のスナップがポイント!ボールの位置を意識して投げるべし

ボールを投げる際、力ずくでボールを押し出すのはNG。カップの下のほうを持ち、肘を脱力し、手首のスナップを使ってボールを放つのだ。

 

カップを持っているほうの足を軽く前に出し、最後にカップを空に向けて上向きにするような感覚で投げると、ボールが勢いよく飛んでいく。

……というが、いざ公園で「エイッ!」と投げると1m程度しか飛ばず。

運動が苦手な記者は、この状況を薄々予想していたが、これは勢いに任せてただなんとなくカップを動かしていたのが原因。気を取り直して、カップの中のボールの位置をしっかり把握し、カップ(内側)の側面にボールを沿わせるように意識しながらボールを放つとポーンと山型を描いて飛んでくれた!

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。