体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本が生まれた場所「淡路島」の観光スポット27選

日本が生まれた場所「淡路島」の観光スポット27選

淡路島は、瀬戸内海に浮かぶ島々の中で最大の島として知られ、また京阪神エリアからもアクセスが良く、リゾート地として有名な場所です。

瀬戸内気候の淡路島は、年間平均気温16℃と温暖で、冬でも積雪はほとんど見られず、真冬でも新鮮な野菜を栽培できるまさに自然の宝庫です。今回は、そんな魅力的な淡路島に旅行に行った際訪れるべき観光スポット27ヶ所をご紹介いたします。

*編集部追記
2016年10月の記事にスポットを8カ所追記しました。
2016年10月の記事にスポットを3カ所追記しました。
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

淡路島に行ってみての感想

photo by pixta

私が淡路島を訪れたのは夏頃で、気温は高く、まさに夏真っ盛りといった感じでした。淡路島は自然が豊かで食べ物もおいしく、気軽に行けるリゾート地だなと感じました。「古事記」や「日本書紀」において日本が生まれた場所とされる淡路島には歴史的な神社やお城があり、自然いっぱいの公園や博物館などもあって、見所満載です!

 

観覧車や牧場などもあるのでお子様連れにもおすすめ!ホテルやレストランの人など、私が関わった淡路島の人は皆穏やかで優しく、非常にゆったりとした休日を過ごすことができました。東京からは距離がありますが、関西や四国、中国地方からのアクセスは抜群なので、日帰り旅行にもおすすめです。

 

おすすめのベストスポット

Yuuko Nishiwakiさん(@miyuujikan)がシェアした投稿 – 2017 9月 2 5:52午前 PDT

私がおすすめするベストスポットは、国営明石海峡公園です。自然豊かな公園内には湖があり、ボートに乗って遊んだりできます。また、敷地内にある花々は美しく、ただ歩いているだけでも十分楽しめる場所です。滝のテラス、月のテラス、大地の虹など色々なエリアがあるので、自然が好きな方は1日かけてゆっくりと楽しむのがおすすめです。
兵庫県のおすすめ記事はこちらです
❐兵庫観光でおすすめの絶景スポット11選
❐神戸にある夜景が綺麗に見えるスポット11選

 

*編集部追記(2017/9/16)
以下、観光スポットの一覧となっています。

 

1.あわじ花さじき

Chikaさん(@purumeria881)が投稿した写真 – 2016 8月 10 4:48午前 PDT

明石海峡大橋が作られたのと同時にオープンした『あわじ花さじき』。四季折々、季節ごとに様々な美しい花を楽しめる観光スポットです。おとぎ話の中のような、幻想的な雰囲気を楽しんでください。記事トップの画像も花さじきですよ!
■詳細情報
・名称:あわじ花さじき
・住所:兵庫県淡路市楠本字上山2865-4
・アクセス:東浦バスターミナルから徒歩で向かう / 東浦ICから車で向かう
・営業時間:9:00~17:00
・定休日:年末年始
・電話番号:0799-74-6426
・料金:入園料 無料
・オススメの時期:年中
・公式サイトURL:http://www.hyogo-park.or.jp/hanasajiki/

 

2.国営明石海峡公園

maringoさん(@o_moch1)が投稿した写真 – 2016 7月 8 8:49午後 PDT

目の前に広がる美しい瀬戸内海…。緑が美しい、広々とした『国営明石海峡公園』。公園内には湖があり、ボートに乗ったり、様々な遊具で楽しむことができます。清々しい空、海、緑と、歩いているだけで気持ちがすっきりします。
■詳細情報
・名称:国営明石海峡公園
・住所:兵庫県淡路市夢舞台8-10
・アクセス:・車/神戸淡路鳴門自動車道淡路ICより南へ約5km 電車/JR山陽線舞子駅よりバスで約15分
・営業時間:4月~8月:9:30~18:00(17:00) 9~10月・3月:9:30~17:00(16:00) 11月~2月:9:30~16:30(15:30)
・定休日:年末年始
・電話番号:0799-72-2000
・料金:大人 410円(15歳以上) 中学生 80円 小学生 80円 シルバー 210円
・オススメの時期:年中
・公式サイトURL:http://awaji-kaikyopark.jp

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。