体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

親子の大切な試練!くじけず頑張ればいつかきっと!!「幼稚園登園あるある」 by ちちかわえみぞう

f:id:akasuguedi:20170510113917j:plain

皆さんこんにちは、

久々に引っ張り出した夏服の、袖が微妙にキツいけど

気がつかないフリをしているちちかわです! 前回エピソード:「写真を撮るのってここまで困難?!」こどもの写真あるある(保育園・幼稚園編) by ちちかわえみぞう

風薫るさわやかな季節ですが、

この春から幼稚園や保育園などで生まれてはじめて、

長時間お母さんと離れて過ごすことになったというお子さんも

いらっしゃるかと思います。

うちの次男も、このたびめでたく幼稚園に入園しましたが

2学年上に長男がいて一緒に通えることと、

何しろまだ生後1ヶ月の頃からしょっちゅう連れて行かれている園なので、

もはや先生も全員顔見知りで特に嫌がったりすることもなく、

今のところ順調に通えています。

(ただし登園初日に溶連菌をもらい、4日間休むという落とし穴あり)

うちは送迎バスで通園しているのですが、

同じバス停を利用する園児たちの中にも、

やはり通い始めた当初や、長期休みの後はとにかく登園を嫌がって、

毎朝大騒ぎになる子が何人もいました。

起床した時点でご機嫌最悪、朝食をとるのも制服に着替えるのも拒否して

行きたくないとぐずり、ご近所一帯に響きわたる悲鳴と絶叫。

たまに玄関のドアノブにしがみついて泣き叫んでいる子などもいたり…。

園バスに乗せる際も、職員と保護者三人がかりで説得しつつ

無理矢理お母さんから引き剥がし、座席に押し込むようにしなければ

いつまで経っても発車できない状態で、いつも時間はギリギリです。

どこかのお笑いネタで見た「悔しいです!!」みたいな顔をして

車窓に顔を押しつけたまま連行されていく様子は、

まさにドナドナの仔牛状態。

中には、到着後も脱走したり暴れたり、果ては体調が悪くなってしまい

緊急コールで早退のお迎えを要請される場合もあるようです。

激しい嫌がりようには、見ている大人もギュッと胸が締め付けられますが、

しかし、だからといってずっと永遠に家にいるわけにもいかない。

いつかは親の手元を離れ、一人で強く生きていくのだぞ…(大げさ?)と

心を鬼にして送り出すという点で、親の方にとっても

入園入学は乗り越えなければならない試練なのかもしれません。

f:id:akasuguedi:20170510114513j:plain

登園拒否をする子の多くは、最初は集団生活への不安を感じていても

しばらく通っていると、「行ってしまえばけっこう楽しい」と学んで

徐々にグズらなくなり、園の雰囲気になじんでいくものですが、

それまで

ひたすら話を聞いてあげる、

スキンシップをたくさん取る、

今日あった出来事をお母さんに報告する絵を描かせる、などなど

伝え聞いただけでもそれぞれの個性に合わせた対応策があるようで、

さすが先生はプロだな…!と感心することしきりです。

また、朝の登園拒否を解決する実例として、私の体験談をひとつ。

すぐ近所に住む男児の場合、休み明けはいつも登園拒否が激しい子でしたが

彼はまだ赤ちゃんだった頃から、写真を撮られるのが好きで

「カメラを向けられると、ついつい笑顔でポーズを決めてしまう」

という癖があったため、それを利用して、

バス停の保護者全員が結託し 毎朝出会った直後からバスが発車するまで

彼の写真を撮りまくる!

また

彼がちゃんと挨拶できたこと、

自分の足で歩いてきたこと、

指定の帽子を取らずにきちんと格好良くかぶっていることなど、

ありったけのポイントを褒めまくる!!

という作戦で調子に乗らせ、

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会