体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京のご当地料理店開拓 大分編 ~地方を旅する気分で訪れたい~

f:id:tabearukist:20170423204427j:plain

こんにちは! メシ通レポーターのタベアルキストKikutaniです。

マニア道企画からスピンオフしまして、「東京で全国47都道府県の味を堪能する」企画、東京ご当地料理店開拓がスタートしました。

タベアルキストご当地料理担当目線で、ディープでマニアックなご当地料理をお届けしたいと思います!

ご当地料理の分類などは、青森編をご覧ください。

www.hotpepper.jp

のれんをくぐればそこは大分県

f:id:tabearukist:20170423204723j:plain

2回目の旅先は、大分県! 別府市の「湯~園地」プロジェクトが話題沸騰中ですね!

温泉はありませんが、「ウラニワ 高田馬場店」は大分のおいしい物がてんこ盛りです。

f:id:tabearukist:20170423205322j:plain

旅のアテンダントは、翔也さん(左)とあさちゃん(右)。

お二人とも大分県外出身ながら、大分愛MAX。

とても気さくな方たちなので、いろいろと教えてもらいましょう。

f:id:tabearukist:20170423205819j:plain

旅のガイドブックはメニューブック。

大分の旧国名は、豊前・豊後の国。そう、食が非常に豊かな国。極太フォントの「名物料理」にプライドを感じます。

さっそく大分食の旅へ

f:id:tabearukist:20170423210353j:plain

▲ウスキボウル 1,393円

旅のスタートはドリンクのオーダーから。

「まずはビール!」は、もったいない!! せっかくのご当地旅。1杯目からご当地ドリンクと参りましょう。

まず飲んでいただきたいのが、こちらの「ウスキボウル」。臼杵(ウスキ)産の麦焼酎「常蔵」をボウルに入れ、臼杵産のかぼすを浮かべた涼やかな一杯。たっぷり入っているので、数人でシェアしましょう。

柔らかい口当たりと、爽やかなかぼすの香りでスイスイ行けます。これからのシーズンにピッタリです。

f:id:tabearukist:20170423211154j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy