体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

訪れた人よりも詳しくなれるロンドンの「意外な事実20」

訪れた人よりも詳しくなれるロンドンの「意外な事実20」

誰だってその国の首都のことは、知っているつもりになるものですよね。特にそこに住んでいれば尚のこと。たとえばロンドン。ウェストミンスター、バッキンガム宮殿、あらゆる観光スポットここあそこ。でも、得てしてこうしたビッグシティほど、まだまだ謎が埋もれているもの。

不動産会社オリジナルサイト「London Unlocked」が紹介するロンドンの裏の顔、もう世界中の人々から踏みならされたあの場所にも、意外な事実が隠されていました。訪れた人よりも詳しくなれるロンドンの「意外な事実20」

01.
1916年まで、Harrodsでコカインが買えたらしい

世界有数の高級百貨店でコカイン?どうやらそれは、花粉症や鼻水の治療薬として販売されていたものだそう。それでも純粋なコカインだったというから驚きです。

02.
第二次大戦中、ナチスにはネルソン記念柱を強奪する計画があった

ナチスドイツのイギリス侵攻は未完に終わりましたが、ヒトラーはネルソン記念柱をベルリンへと持ち帰る計画を立てていたという話。ナチ親衛隊( SS)らは、「もしこの記念柱をベルリンに持ち帰ることができたら、ナチスドイツの勝利を高らかに宣言する象徴になる」と、主張していたようです。

03.
コヴェントガーデンは、スペルミスから生まれた

訪れた人よりも詳しくなれるロンドンの「意外な事実20」

現在、英語で「Covent Garden」と表記しますが、16世紀から1974年まで、ここは女子修道院(Convent)に付随する菜園だったそうです。Covent、Convent、このスペルミスから名前が残ったんだとか。

04.
開通当初も、タワーブリッジの上を人々は歩いていた

1894年に開通してから一時閉鎖されるまでの16年あまり、ウォークウェイズは一般利用されていました。ところが、当時ブリッジのてっぺんまで登るには階段のみ。そこまで上がることを面倒に感じたのでしょう、徐々に利用客は減少していったようです。

05.
ホワイトホールの地下は軍用ネットワークの大動脈らしい

シティ・オブ・ウエストミンスター内を南北に走るこの道路。第二次大戦、冷戦時代に築かれた、膨大な地下ネットワークが張り巡らされているという情報です。正確な数は明らかにはされていませんが、それらすべてがどう接続されているのか…ここもミステリー。

06.
市内至るところから発掘される古代生物たち

訪れた人よりも詳しくなれるロンドンの「意外な事実20」

オオカミ、クロコダイル、マンモスの骨格、トラファルガー広場の地下からはカバやゾウも出土されています。

07.
映画『フルメタル・ジャケット』の中のベトナムは、ほどんどがロンドンで撮影

映画監督スタンリー・キューブリックは、撮影の期間中ロンドンに移り住み、ここで映画のほとんどを撮影したそうです。劇中、壮絶な戦いの舞台となったフエも、当時イースト・エンドにあったベクトン・ガス工場の跡地を使ってのもの。

08.
ムクドリの飛来により、ビッグ・ベンは時計を5分遅らせたことがある

訪れた人よりも詳しくなれるロンドンの「意外な事実20」
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会