体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もちろん知っていたけれど、改めて「いま瀬戸内がアツい」

もちろん知っていたけれど、改めて「いま瀬戸内がアツい」

高校を卒業するまでの18年間を瀬戸内地方で過ごした僕は、この頃かなり困惑している。

だって、当該エリアの近年の脚光の浴び方は、ハッキリ言って異様。一歩引いた中立な目で見ても、ある種のブームと呼んで差し支えないほどの熱量を感じる。「全国ツアー」と銘打たれながら、なぜか華麗にスルーされることも少なくなかった中四国。そんな切ない現実にも慣れっこの故郷が、日本人はもちろん、海外の人たちの興味を引いているなんて、そりゃ戸惑わないわけがない。

そもそも、あくまでも肌感覚だが、コトの発端は2006年ではないだろうか。映画『UDON』の公開により、讃岐の名店を巡る観光客が急増。比較的ローコストで満足できるため、それまで観光資源に乏しいとされていた瀬戸内を気軽に訪れる気運が高まり始めた。 

さらに大きかったのは、2010年の「第1回瀬戸内国際芸術祭」。その中核を成す地中美術館自体は2004年に設立されているものの、爆発的に知名度を高めたのは芸術祭によるところが大きいと感じている。

その後も、2014年「ONOMICHI U2」のオープンや、そこを起点とする「しまなみ海道サイクリング」など、着々と人が集まる魅力を高め続けてきた瀬戸内。やや自虐を含んだ前置きが長くなってしまったが、このような一連の流れがあるからこそ、この「guntû(ガンツウ)」が生まれたと僕は思っている。

瀬戸内からの「新たな提案」

もちろん知っていたけれど、改めて「いま瀬戸内がアツい」もちろん知っていたけれど、改めて「いま瀬戸内がアツい」

ガンツウとは、瀬戸内海沿岸の景勝地を漂泊しながら周遊する宿泊型の客船。広島県尾道市にあるベラビスタマリーナを発着地とし、宮島・音戸の瀬戸付近、直島・犬島などを巡る5つの航路を1〜3泊で周る「小さな宿」だ。

このコンセプトの時点で、僕はもうこの船に惹かれている。が、以下のラグジュアリーな客室イメージは、さらなる興味を喚起してくれる。

4種類・全19室の客室

もちろん知っていたけれど、改めて「いま瀬戸内がアツい」

一歩足を踏み入れた瞬間に目の前に広がるのは、瀬戸内海の繊細な風景。季節や時間によって変化する海の色彩を楽しめる。もちろん、全室テラス付きスイートルーム。海風を浴びながら、旅への期待に心を躍らせよう。

ではここで、全4種類のうち2つを紹介。

「ザ・ガンツウスイート」

もちろん知っていたけれど、改めて「いま瀬戸内がアツい」もちろん知っていたけれど、改めて「いま瀬戸内がアツい」
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会