ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ブドウの個性を生かす!甲州種を使ったワイン4種が登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

メルシャンは、2016年に収穫された日本固有のブドウ品種「甲州」を使用した日本ワイン「シャトー・メルシャン 甲州きいろ香 2016 」、「同 甲州グリ・ド・グリ 2016」、「同 山梨甲州 2016」の3種の新ヴィンテージと、新商品「同 岩崎甲州 2016」を、本日5月16日(火)より全国で発売している。

日本のワイン造りは、今年140年を迎える。

シャトー・メルシャンの源流である日本初の民間ワイン会社「大日本山梨葡萄酒会社」は、140年前の明治10年(1877年)に誕生。同社は、高野正誠と土屋龍憲の2人の青年をフランスに派遣し、ブドウ栽培と醸造技術を学ばせ、本格的なワイン造りを開始したという。

そんな記念すべき年に登場するのが、この4種。

「シャトー・メルシャン 甲州きいろ香 2016 」(オープン価格)は、日本固有のブドウ品種「甲州」の隠れた香りのポテンシャルを、ボルドー大学デュブルデュー研究室との共同プロジェクトにより引き出したことにより、まったく新しいスタイルを確立した甲州ワイン。

「同 甲州グリ・ド・グリ 2016」(オープン価格)は、赤ワイン的な造りの要素を入れたいくつかの方法でキュヴェを仕込み、それらをバランスよくアサンブラージュした。

「同 山梨甲州 2016」(オープン価格)は、甲州ブドウの個性ある味わいをシュール・リー製法により引き出した柔らかく厚みと豊かさが感じられる辛口のワイン。

新商品「同 岩崎甲州 2016」(オープン価格)は、日本のワイン造りの基礎を作った高野正誠と土屋龍憲の生家である高野家と土屋家が、勝沼町岩崎地区で栽培した甲州ブドウを樽で発酵・育成。さわやかな香り、やわらかな果実味と奥行のある味わいに仕上がった。

甲州ブドウの味わいが堪能できるワインを今宵のおともにいかが?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。