体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コーヒー初心者こそ行くべき! 自分でひいて自分で入れられる「Drip & Drop Coffee Supply」【京都】

f:id:mesitsu_la:20170409165554j:plain

ラテとカプチーノの違いがわかりません。メシ通レポーターのナガオヨウコです。

Googleで「コーヒー 違い」を調べてみると、予測検索では「コーヒー 違い 豆」の次に出てきたのが「コーヒー 違い わからない」ですからね。コーヒーの違いがわからないのは、私だけではないはず……。

わたくし、コーヒーを飲めるようになったのは30歳を過ぎてから。それ以降はコーヒーが好きになり、いろんなお店であれこれ飲んでいます。が、どのコーヒーショップで注文するのも「本日のコーヒー」です。だって、何を注文していいのか、自分が何を好きなのかわからないんだもん。

でも、おいしいコーヒーを飲みたーーーい!!!

そんな私に、知り合いのカメラマンさんが「一度行ってみるといいよ」と教えてくれたのがこちらのお店「Drip &Drop Coffee Supply」です。

f:id:mesitsu_la:20170409165626j:plain

場所はおしゃれなお店やカフェが点在する街中、富小路三条下ル。

f:id:mesitsu_la:20170409165625j:plain

「ピースホステル三条」というホテルの地下にあります。

f:id:mesitsu_la:20170409165550j:plain

中に入ると……おしゃれ過ぎる!!! うひょー、カッコええ〜。運営しているのは、京都のデザイン会社「Marble.co」。2015年10月にこちらをオープン後、2017年2月に2号店を京都・河原町通りと寺町通りの間の蛸薬師通りに開店。そして2017年4月にタイ・バンコクに3号店を出店しています。

f:id:mesitsu_la:20170409165552j:plain

「 コーヒーわかってる人が通ってます」風なオサレ具合で、一瞬ひるんでしまいます。

が、しかし。安心してください。

「コーヒー初心者のためのお店なんですよ!」と、店長さん。「コーヒーがわからないけれど、気になるなという方が、コーヒーを身近に感じてもらえるように工夫しているんです」とのこと。あっ、もちろんコーヒーマニアの方も歓迎ですよ!

f:id:mesitsu_la:20170409165546j:plain

入り口あたりには、焙煎機があります。営業時間中にも焙煎していることがあるので、運が良ければ、焙煎の様子を見学できます。

f:id:mesitsu_la:20170409165547j:plain

ちなみにこの焙煎機は大阪のメーカーによる完全手作り。軸に付けられているのは、本来はプリン用のカップだそうですよ……フフ。

自分で豆をひく

「Drip &Drop」では、7種ある豆を選び、さらに抽出方法を選んでオーダーできます。お店の方にすべてをおまかせしてもいいのですが、自分で豆をひき、自分で入れることもできます。

となれば、わたしも挑戦したい!!!

f:id:mesitsu_la:20170409165553j:plain

まずは入れ方マニュアルをチェック。それぞれ、豆の量やお湯の量、器具のメーカー&商品名、入れ方が書いてあります。このマニュアル、持ち帰りもOKです。

f:id:mesitsu_la:20170409165554j:plain
1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。