ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ジョニー・デップ、コメディ映画『King of the Jungle(原題)』に主演へ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


5月13日(現地時間)、グレン・フィカーラとジョン・レクアが監督し、スコット・アレクサンダーとラリー・カラゼウスキーが脚本を手がけるブラック・コメディ映画『King of Jungle(原題)』の主役に、ジョニー・デップが起用されたことが分かった。IMRインターナショナルはカンヌ国際映画祭で海外販売を担当し、CAAは米国内での販売を担当する。

同作は、ジョシュア・デイヴィスがコンデナスト・パブリケーションズの雑誌『ワイヤード』に執筆した記事『John McAfee’s Last Stand(原題)』を原作とする。コンデナスト・エンターテイメント、ザフティグ・フィルムズ、マッドリバー・ピクチャーズ、エピック・エンターテイメントが製作する。

財産を現金化して文明世界を離れ、ベリーズのジャングルに移り住んだウィルス対策ソフトマカフィーの創業者にしてIT業界の大物、ジョン・マカフィーにまつわる実話を描く。声明によると、彼はベリーズで「銃やセックス、狂気が入り混じったカーツ大佐(映画『地獄の黙示録』の登場人物)」のような地位を確立した。作品で、ワイヤードの取材記者は「月並みな仕事」としてマカフィーへのインタビューを引き受ける。しかし、ベリーズに到着した彼は、いつしか自分がマカフィーのエスカレートする妄想癖、不安定な現実、そして殺人事件に引き込まれていることに気づく。

プロデューサー陣には、コンデナストのドーン・オストロフとジェレミー・ステックラー、ザフティグのチャーリー・ゴーゴラック、グレン・フィカーラ、ジョン・レクア、エピックのジョシュア・デイヴィスらが名を連ねる。マッドリバーのマーク・ブータン、エピックのジョシュア・バーマンはエグゼクティブ・プロデュースを担当する。

デップはCAA、アレクサンダーとカラゼウスキーはCAAとクリスティン・カディ弁護士、レクアとフィカーラはCAAとジェフ・フランケル弁護士、コンデナスト・エンターテイメントはCAAとジフレン・ブリッテンハム弁護士、デイヴィスはUTAとリンダ・リヒター弁護士を代理人とする。

IMRインターナショナルがカンヌ国際映画祭に出品する作品には、ほかにジェイク・ギレンホールとホアキン・フェニックス主演による映画『The Sisters Brothers(原題)』(ジャック・オーディアール監督)、アリシア・ヴィカンダー主演の映画『Freak Shift(原題)』(ベン・ウィートリー監督)、ジェニファー・アニストン主演の映画『Dumplin(原題)』(アン・フレッチャー監督)などがある。

このニュースとプロジェクトは、Deadlineが最初に報じた。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。