体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東京オススメビュッフェ6選】プロが教える高級ホテルビュッフェ120%活用術

【東京オススメビュッフェ6選】プロが教える高級ホテルビュッフェ120%活用術 リラッサ(東京ドームホテル)

一度は行ってみたい、憧れの高級ホテルのビュッフェ。

いつものレストランよりワンランク上のお食事とサービスで、贅沢な気分を味わいたいですよね。

でも、普段あまり行かない場所だから場違いになりそうで行きづらい……。

予約は必要?服装やマナーは?そこで、初めて高級ホテルのビュッフェに行く前に知っておきたいポイントを、プロのビュッフェ評論家・東龍さんに伺いました。

※掲載している金額は2017年4月末時点のものです。営業時間・料金は時期により変わる場合があります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

敷居が高いなんてウソ!ぜひとも高級ホテルビュッフェに行くべき理由

敷居が高いイメージがある高級ホテルビュッフェ。ですが、お店の料理(見た目・味・ボリューム)や雰囲気をトータルに楽しめる場所として、これほど満足感の高い場所は他にありません。最大限に活用する方法を紹介してくれるのはこの方。東龍

東龍・ブッフェ評論家・グルメジャーナリスト/テレビ東京「TVチャンピオン」2連覇。Yahoo!ニュース 個人 オーサー、All Aboutガイド、全日本司厨士協会「東京CHEFS」アドバイザー。テレビや雑誌で活躍し、料理コンクール審査員、講演、プロデュースも多数。

食べ方のコツは3種類

東龍:私はビュッフェの食べ方のコツとしてよく次の3つを提案しています。

ちょっと盛り

一つのお皿に料理をちょっとずつ、くっつかない程度に盛る。食べてみて苦手だったとしても、ちょっとしか盛っていないのでロスが少ない。

セット食べ

「前菜→主菜→デザート」や「和→洋→中」のように、自分でコースを決めて何コースも食べる。こうするとリズムができて、飽きることなく食べられる。

いろいろ食べ

元を取ろうとして単価が高いものだけをリピートして食べるのは逆に損になる。

東龍:食材を大量に仕入れたら単価は下がりますよね。ビュッフェでも同じで、単価の高いものばかり食べると、結局単価が安くなってしまいます。なるべくいろんな料理を食べるほうが満足感も高いですし、お得感もあります。

「残さない、持ち帰らない」のは当たり前として、意外とやってしまいがちなのが「分担盛り」。友達と肉は私、サラダはあなた、と役割分担してビュッフェ台から持ってくる場合、人によって持ってくる分量はまちまちです。もし全員の好みではないものをたくさん取って来てしまったら、最後に残してしまうことに。やはり、それぞれ自分の好きなものを好きなだけ食べるのが本来のビュッフェのあり方と言えます。

また、実演メニューは絶対に食べておきましょう。本来ビュッフェというのはきめ細やかなサービスをするフレンチなどと違って、人件費を減らして食材費にまわしているものです。

それなのにあえて人件費をかけてでも実演を行うということは、ホテルが力を入れている証。シェフによる実演がないビュッフェは、そこまでビュッフェにお金をかけていないという意味で、いいお店ではないと言っても過言ではありません。

最近私が感動したのは、東京プリンスホテルの「ブッフェダイニングポルト」です。こちらは岩塩の上で焼きしゃぶをしていて、バーナーの火がダイナミックに料理を演出。岩塩の香りがお肉に移り、お味も素晴らしかったです。ライブ感があってエンターテインメント性の高さが印象的でした。

ホテルビュッフェ

待ち時間を短くしたいなら予約しよう

1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。