体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今年は見たい!東北のおすすめホタル名所【時期情報あり】

今年は見たい!東北のおすすめホタル名所【時期情報あり】 今年は見たい!東北のおすすめホタル名所【時期情報あり】

私たちのこころを癒してくれる人工的でない優しい光。普段簡単に見ることができないからこそその体験を誰かと共有したい!

そこで今回は、東北エリアで楽しめる、幻想的な光に包まれるホタル観賞スポットをご紹介致します。ホタル観賞は今や各地で人気のイベント♪家族はもちろんカップル、友人と一緒に神秘的な光を体験しに行こう!

記事配信:じゃらんニュース

※ホタルの見頃は例年のデータに基づくものです。今年の状況については、お出かけ前に各スポットへお問い合わせください。

※この情報は2017年4月現在のものです。イベントの日程や時間、内容などは、変動する可能性がありますのでお出かけ前に各スポットへお問い合わせください

細越ホタルの里【青森県青森市】

北限のゲンジボタルとヘイケボタルの共演!

豊かな自然の中で2種のホタルを観賞できるスポット。ガイドによる案内もあって安心。

見頃/7月上旬

・おすすめ時間帯:20時~21時

・匹数:約100匹

◆2017細越ホタルまつり

【開催】7月7日(金)・8日(土)・9日(日)

暗闇で飛び交うホタルを間近で観察できるおまつり。地元の農産物販売も行われる。 細越ホタルの里

TEL/017-739-6414(水土里ネット青森中部)

住所/青森県青森市大字細越

料金/観賞無料

アクセス/東北道青森IC及び青森JCTより10分

駐車場/300台 ※まつり開催期間中のみ利用可

「細越ホタルの里」の詳細はこちら

大仙市内小友字余目地区【秋田県大仙市】

若葉色の光が飛び交うビオトープ公園。

余目のシンボルとして夏の夜を彩るゲンジボタル。淡く美しい若葉色の光が飛び交う。

見頃/6月下旬~7月上旬

・おすすめ時間帯:20時頃

・匹数:約30~50匹

◆余目ほたる観賞会

【開催】6月18日(日)~7月2日(日)

地域のメンバーがガイドとなり、ホタルの観賞をご案内。2週間ほど光を楽しめる。 大仙市内小友字余目地区

TEL/0187-68-2202(余目地域活性化対策いきいき会議協議会)

住所/秋田県大仙市、内小友余目地区(高寺川)

料金/観賞無料

アクセス/秋田道大曲ICより15分

駐車場/50台(R105入口に立看板設置)

岩手県立御所湖 広域公園 尾入野湿生植物園【岩手県盛岡市】

夏の植物園を2種のホタルが華麗に乱舞。

7月上旬にはゲンジボタルが、そして中旬からはヘイケボタルが飛び交う様子を観察できる。

見頃/7月上旬~中旬

・おすすめ時間帯:20時頃

・匹数:数百匹

◆ホタル観察会

【開催】7月8日(土)・15日(土)

ホタルの飛翔に合わせてガイドによるホタル観賞会を実施。雨天は中止なのでご注意を。 岩手県立御所湖 広域公園 尾入野湿生植物園

TEL/019-692-4855(御所湖広域公園管理事務所)

住所/岩手県盛岡市繋字堂ケ沢

料金/無料

アクセス/東北道盛岡ICより20~30分

駐車場/48台

「岩手県立御所湖 広域公園 尾入野湿生植物園」の詳細はこちら

小岩井農場 まきば園【岩手県雫石町】

人気のホタル観察会7月は木・土星観察も!

農場の自然の中で、ホタルの幻想的な光を観察できる。空いっぱいに輝く星も身近に。

見頃/6月下旬~7月中旬

・おすすめ時間帯:19時30分

・匹数:約400匹

◆ホタル観察会

【開催】ホタル観察会/6月24日・25日・30日、7月1日・2日・7日・8日・9日・14日・15日・16日・17日

期間前半はゲンジボタル、後半はヘイケボタルの観察地にガイドがご案内。晴天時は木星・土星など星空観察も楽しめる。 小岩井農場 まきば園

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。