体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏のボーナス支給前にはお得な中古車が見つけやすいってホント?

▲車は購入時にまとまったお金が必要になるため、ローンやクレジットを利用する人もボーナスを頭金に充てることを考える人が多くなります。そのためボーナス前は中古車相場が下がりやすくなります

▲車は購入時にまとまったお金が必要になるため、ローンやクレジットを利用する人もボーナスを頭金に充てることを考える人が多くなります。そのためボーナス前は中古車相場が下がりやすくなります

人があまり来ないときこそ、いいことがある!

2017年のゴールデンウイーク(GW)が終わりました。日本中が“民族大移動”状態で帰省先や観光地へと向かい、高速道路は大渋滞。まだ休みの疲れが取れていないという人も多いはず。

次の長期休暇は夏休み! 早くも夏のドライブ、旅行の予定を立てている人もいるでしょう。でも会社員の人はその前にボーナスという一大イベントが! きっとこのタイミングに合わせて車を買い替えようと思っている人もいるはず。でも買い替えるなら、ボーナス前、ちょうど今くらいの時期がオススメなんです。その理由を解き明かしましょう。

ボーナス前は中古車相場が下がっているモデルが多い

まとまったお金が手に入るので、ボーナス後は車の買い替えなど大きな買い物を考える人が増えるタイミングでもあります。すると需要が過多になり中古車相場は上昇傾向になる車種が出てきます。とくにファミリー需要の高いモデルやレジャー需要のあるモデルはボーナス時期に注目する人が増えるため、相場が上がりやすくなります。

逆に今は1年の中でボーナス前の閑散期にあたるため、中古車相場が比較的落ち着いている車種を見つけやすくなっています。少しでもお得に中古車を買いたいなら、今が狙い目ですよ!

ボーナス支給前に注目したいモデル5選

ここで夏のボーナス後に相場が上がる可能性があるため今のうちに探しておきたいモデルを紹介しましょう!

トヨタ アルファード(現行型)

▲現行型アルファードの新車は最低でも車両本体価格が319万7782円で、400万円以上するグレードがたくさんあります。新車は難しいのでボーナス時期に中古車を狙う人が増えるはず

▲現行型アルファードの新車は最低でも車両本体価格が319万7782円で、400万円以上するグレードがたくさんあります。新車は難しいのでボーナス時期に中古車を狙う人が増えるはず

キング・オブ・ミニバンとして不動の地位を築いたアルファード。人気モデルだけにボーナス後は強気の相場になることが予想されます。昨年も6月中旬から急激に平均価格が上昇しました。

登場から2年しか経っていないこともあり値段はかなり高く、ようやく車両本体価格300万円を切る中古車が出始めたところ。少しでも予算を抑えたい人は早めに動くのがオススメ。一つ前の世代になる2代目もボーナスシーズンに向けて相場の上昇が予想されますが、現行型ほどではないと思います。

日産 セレナ(4代目)

▲2Lクラスのミニバンの超定番モデルであるセレナ。支持層が広い分、ボーナス時期にはかなり注目を集めて相場が上がるはず

▲2Lクラスのミニバンの超定番モデルであるセレナ。支持層が広い分、ボーナス時期にはかなり注目を集めて相場が上がるはず

昨年のフルモデルチェンジで自動運転支援技術“プロパイロット”を搭載したセレナ。現行型はデモカーアップの中古車が出始めており、新車より少しでもお得な低走行の中古車を買いたい人はかなり狙い目です。

とはいえ人気のハイウェイスタープロパイロットエディションだとまだ車両本体価格が300万円を切るくらい。予算200万円前後でセレナを買おうと思ったら旧型がターゲットになります。セレナはファミリーはもちろんスポーツをやっている人からも支持されているのでボーナス時期に相場が上がる可能性大。予算を抑えたいなら早めに動くのが正解です。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy