体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

被災地で生きる人とさまざまな支援のかたち『つくることが 生きること』東日本大震災復興支援プロジェクト展 3/11より開催

被災地で生きる人とさまざまな支援のかたち『つくることが 生きること』東日本大震災復興支援プロジェクト展 3/11より開催

東日本大震災から1年、明日3月11日(日)から25日(日)まで、東京・秋葉原の一角にあるアートセンター『3331 Arts Chiyoda』で東日本大震災復興支援プロジェクト展『つくることが 生きること』が開催される。

この展覧会は、被災地で活動している人と支援する人をつなぎ、サポートしていく“わわプロジェクト”の活動の一つだ。「どこで・だれが・何を想い・どのような活動を行っているのか」をあらためて見つめ、復興に向けて表現・活動する人たちの想いと活動内容を共有するということをテーマに、現地の復興リーダーたちが語る映像やアーティスト・建築家・企業などによる復興支援・活動が展示され、様々なイベントも行われる。

すべての写真をごらんになりたい方はこちらからどうぞ

わわプロジェクトが支援する復興リーダーたちの映像展示

3.11直後から現在までの想いを、東北を中心に活動する15名の復興リーダーたちが語る映像展示は、人が目と目を合わせ、普通に話すときのようなリアリティを伝えたいと、実際のサイズに近づけるために縦長の大型モニターが使われている。いくつかの映像は『わわプロジェクト』のサイトでも見ることができる。

展覧会概要/被災地の復興リーダーが語る映像展示『わわプロジェクト』
http://2012.wawa.or.jp/about/01.html [リンク]

・芳賀正彦(はがまさひこ)/NGO吉里吉里国(岩手県大槌町吉里吉里)
http://wawa.or.jp/project/000007.html [リンク]

芳賀正彦

いま俺たち被災者が何をやっているのか、津波の日から今日まで何をやってきたか、明日から何をやろうとしているのか、そこのところが一番大事なこと、私たち被災者に問われていることだと思います。その中から町作り、いい地域作りっていうのは後からくっついてくるものだと、そうあるべきだと私は思います。

身内をなくした。親戚を亡くした。いろんな尊い友人たちをなくした。犠牲者の姿を見た。顔も見た。みんな心に決めていることは、犠牲者に恥ずかしくないように、笑われないような生き方をしていこうぜ、全てそこから始まるんだよ、ということです。(芳賀正彦さんの言葉より)

・鈴木大介(すずき だいすけ)/株式会社 鈴木酒造店(福島県浪江町)
http://wawa.or.jp/project/000018.html [リンク]

鈴木大介

避難している間に、私と同じように被災しているにもかかわらず、なんとか酒をつくってくれ、浪江町のものを残してくれというお声をだいぶいただきました。それまで私は酒は自分のものだと思っていたんですけど、これだけ支持していただき、いろんな応援もいただいて、私のつくってきたお酒は、ほんとにみんなのもだったんだなと改めて強く思いました。

多くの方が犠牲になっております。ですから、酒をつくることで亡くなった人たちの生きた証を証明したいと思っていますし、私自身も全てなくして、自分が何者かというのも分からない状態ですので、やっぱりつくってこそ自分なんだということを証明したい。この2つが前に進ませてくれました。(鈴木大介さんの言葉より)

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会