体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【俺の行きつけ】金儲けよりも“人儲け”。五反田の串焼き屋「日南」

人間関係でつまづいたとき、誰かにエネルギーをもらいたいとき、そして仕事のヒントを得たいとき…そんな時に気軽に飲みに行ける「行きつけ」を持っていますか?

【俺の行きつけ】金儲けよりも“人儲け”。五反田の串焼き屋「日南」_イメージ画像1

料理とお酒が美味しいのはもちろんのこと、雰囲気が良くて、ふとした瞬間に仕事の“気づき”をもらえる場所…なんて最高ですよね。リクナビネクストジャーナルでは、いろんな業界の第一線で活躍するビジネスパーソンの「俺の行きつけ」をストーリー形式で紹介します。第1回は新規事業のコンサルティングに従事する坪井聡一郎さんの行きつけ。東京・五反田駅にある串焼き屋の「日南」です。

**

<今回紹介してくださった方>

坪井 聡一郎(つぼい そういちろう)氏

一橋大学大学院商学研究科修了。2004年株式会社ニコン入社。ブランディング、コミュニケーション、消費者調査、デジタルカメラのプロダクト・マネジャー等を歴任。2012年より新事業開発本部。2014年、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構より「センシングによる農作物高付加価値化」の研究委託を受け、コンソーシアムの代表研究員を務めた。経産省主催の「始動Next Innovator2015」のシリコンバレー派遣メンバーであり、最終報告会の発表者5名にも選抜された。現在、大阪イノベーションハブにて「OIH大企業イントルプレナーミートアップ」を主宰。

『成功をつかむ店』日南

五反田駅のゆうらく通りにいくと、いかがわしい案内所が立ち並ぶ。本当にこの場所にあるのかと焦ったが、路地裏にそれると赤レンガの「日南」はあった。店内に入って驚いたのは、壁から天井までお客さんの書き込みがびっしりあったこと。坪井さんいわく「日南」は、大企業の経営者や野球選手、俳優、女優が有名になる前から通うお店だそうで、界隈では『成功をつかむ店』と言われているらしい。

お店の一角には、赤いシャツを来た男性の写真とおちょこと野球ボールが数個飾られている。

【俺の行きつけ】金儲けよりも“人儲け”。五反田の串焼き屋「日南」_イメージ画像2

店主の貴和子さんにご挨拶し、お話を伺った。写真は数年前に他界した「日南」の前・店主の小夫家 良晴(こぶけ よしはる)さんだそうだ。その笑顔からは想像できない口ベタだそうで、坪井さんは新入社員のときに当時の先輩に連れて来られてから、かれこれ25年通っているが、二言三言くらいしか言葉を交わしたことがないという。今は奥さんの貴和子さんがお店を引き継いでいる。(「日南」の名前の由来も、貴和子さんの出身地が宮崎県日南市であることに由来している。)

壁と天井の書き込みについて伺うと、貴和子さんは、「この店はお客様に恵まれたお店です」と話してくれた。

「この店では名刺交換もしませんし、肩書きも関係ありませんが、成功されている方の雰囲気はわかります。よくお店にこられていた方が、この前ニュースで社長に就任されたことをみて驚きました。社長になっても昔と変わらず謙虚でいらっしゃいます。謙虚で周りに気遣いができる方は、部下にも慕われて成功されていますね。」

何十年もお店を続け、たくさんのお客様と対応してきた貴和子さんの言葉は重たかった。

頼んでいない料理がテーブルに。アルバイトにも裁量を与える、日南の接客ポリシー

二階に通していただき、料理を頼む。まずは日南の定番である牛ハラミ串焼 ポテトサラダ付き(800円)。それから、日南オススメの牛ナンコツ串焼き(400円)や牛タン串焼(1400円)。お酒は日南市の焼酎製造蔵元酒蔵・王手門の超不阿羅王(チョウ・ファラオ)をボトルでいただく。

【俺の行きつけ】金儲けよりも“人儲け”。五反田の串焼き屋「日南」_イメージ画像3
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy