ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

新開発された冷やしメニュー

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

5月12日放送の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、午後16時50分~)では、父と10歳の娘さんが2人で切り盛りしている食堂のゴールデンウィークに密着したコーナーの中で、「豊後屋」(東京都大田区)が紹介された。

同店は、大田区の大森で営業している食堂。
10歳になる少女が看板娘として父親が営業する同店を手伝っている。
こちらの看板メニューは、脂が載った新鮮なイワシに玉子と特製のタレをかけた「いわしユッケ丼定食」だ。元々は娘さんのために店主である父親が作ったまかない料理だったという。
もう1つのメニューとして、醤油ベースの豚骨スープとマグロの出汁を活かす形で開発された「たまちゃんラーメン」が紹介された。こちらは娘さんが自分で考えて誕生させた料理で、今では看板メニューの1つになる程の人気ぶりだという。
今回もまた娘さんが新しいメニュー作りに挑戦。店主の父からもお墨付きを得て完成したのは冷やしメニューの冷やしキツネとろろそば。店では鶏ゴボウ飯が付いてくる「冷やしキツネとろろそばセット」として提供されるとの事だ。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:豊後屋(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:大森のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:居酒屋のお店紹介
ぐるなび検索:大森×居酒屋のお店一覧
地元で長年愛される「豆板醤麺」
ソースが決め手!昔ながらの洋食が楽しめる店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。