ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

昆布とうなぎの旨味がつまった「うなぎの昆布〆」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

5月13日放送の「ぶらり途中下車の旅」(日本テレビ系、午前09時25分~)では、武蔵野線で途中下車しながらぶらり旅した中で、宮本和知さんが「うなぎ創作・鰻樹-manju-」(埼玉県吉川市)を訪れた。

同店は、JR武蔵野線・吉川駅南口から徒歩1分程にあるうなぎ料理店だ。番組では、お店のおすすめメニューとして「うなぎの昆布〆」(1404円/税込み)を紹介。こちらのメニューはご主人が考案したメニューだそうで、うなぎの刺し身の水分を抜き、昆布と刺し身を順番に重ねていく。真空パックにして2日間寝かせたら完成。昆布の旨味とうなぎの旨味が凝縮した一品だ。

宮本さんが頂くと「あ~、すごく上品で食感が良いですね!コリッコリして…また昆布の味が口の中にフワっと広がりますね」と驚いた様子。もう一口頂くと何度も頷いた後「しっかり昆布の味が口の中にフワーっていうね広がってね、旨味というものがありますね!」と絶賛していた。

「うなぎの山椒味噌田楽」(1404円/税込み)は、オリジナルにブレンドした味噌と山椒も使って、皮目を香ばしく焼いたうなぎの串焼きに乗せた一品。宮本さんが頂くと「おー!美味しい!このお味噌に山椒が入ってるから香ばしいです、うわ~これは大発見です!」と絶賛した。続いて出された「石焼きうな重」(2484円/税込み)は、専用のタレをかけて軽く混ぜて頂く一品。宮本さんが頂くと「美味しい!美味しいです!」とたまらないといった感じででコメント。「うなぎはひつまぶしって色んなお茶漬けにしたりだとかしますけど、これは一つまた増えましたね、うなぎの食べ方・・これは流行ると思うな~」と絶賛した。

他にも塩こしょう、辛だれ、甘だれ、白焼きなどの色々なうなぎ串を一皿で食べ比べできる「食べ比べうなぎ串」(1296円/税込み)や、うなぎを酒蒸しにした「うなぎの酒蒸し」(1620円/税込み)など様々な創作料理が味わえる。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:うなぎ創作鰻樹(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:三郷・八潮のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:三郷・八潮×和食のお店一覧
地元で長年愛される「豆板醤麺」
ソースが決め手!昔ながらの洋食が楽しめる店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。