体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大仁田厚、7回目の引退宣言「本当に最後!?」デスマッチに賭けた半生をプレイバック

“邪道プロレス”を貫いてきた大仁田厚(59)選手が「2017年10月31日、後楽園ホールで引退します」と宣言。と同時に、プロレス興行「さよなら大仁田 さよなら電流爆破 大仁田厚ファイナルツアー」を開催すると発表した。

 

ご存じの方も多いと思うが、大仁田厚の引退は7回目である。過去に6回プロレスラーを引退している。選手活動は実質40年ほどになるが、プロレスファンとしてみれば五輪の間隔で訪れるイベントという感じか!?(笑)

 

昨今のプロレス人気は、特に新日本プロレスを中心とした、華やかにショーアップされたファイトとバトルの妙味だ。ちょっとアメリカンスタイルに似た感じが過ぎるが、とはいえこれが日本の「王道」プロレス・格闘ファイトに通ずる。しかし、大仁田厚のプロレスは本人が言う通り「邪道」である。

 

正統派レスラーとして

大仁田は、1973年に全日本プロレスの新弟子第一号として入門し、ジャイアント馬場の下でプロレスのイロハを学んだ。アメリカへ武者修行に出て、NWAインターナショナル・ジュニアヘビー級王者にも輝き、日本に凱旋帰国。ジュニアだが、器用でもなくアクロバチックな動きもなかったが野性味溢れる闘志むき出しのファイトはファンを熱くさせた。そんな大仁田だったが、1984年に負った左膝蓋骨(膝のお皿)骨折のケガが致命傷となり、1985年に引退する。

 

その後、タレント活動などもしていたが、1988年にジャパン女子プロレスにコーチとして就任。同じくコーチをしていたレスラー、グラン浜田と対立し現役復帰する。

 

そして1989年、資金5万円でプロレス団体FMWを立ち上げる。当時は、地上波テレビ中継の契約がある全日本プロレス、新日本プロレスの2大団体が全盛で、FMWなど小規模のインディー団体はマニアのみの知名度といえた。

 

邪道レスラーとして

超花火7・25袖ヶ浦 週刊プロレス
Fujisan.co.jpより

そんなインディーズの地位と注目度を上げたのがFMWの奇想天外なデスマッチである。

 

大仁田は、何かムチャクチャな試合でもやらなきゃ生き残れないと考え、ハデでガチでマジでヤバイでゲスいエンターテインメントを思いつく。それが「ノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチ」だ。リングを囲むロープの代わりに有刺鉄線を張り、そこに身体が乗るなどの負荷がかかれば、有刺鉄線に通っている電流が感知し、巻きつけられたいくつもの小型爆弾が爆発する仕組み。

 

【1990年8月4日東京・汐留 ノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチ】

 

1990年8月4日東京・汐留で行われた大仁田厚対ターザン後藤戦は、プロレス界だけでなく世間にもインパクト与え、その年の東スポ年間最高試合賞を受賞、大仁田はMVPにも選ばれた。

 

命と引換えの過激マッチ、魂がこもったファイトや、涙を流しながら団体愛とプロレス愛を叫ぶ姿、真っ直ぐで熱いパフォーマンスはファンの心に火をつけ、爆発的な人気を呼んだ。

 

興行は、小さな会場などは火薬が使えないので、ノーロープ有刺鉄線マッチやストリートファイトと称した反則アリアリのバトルなど、奇抜な試合を試行錯誤した。沢山の人に見てもらいたいとして、入場料金を極力安くして楽しんでもらうようにした。とにかく大盛況だった。

 

しかし、連日のようなデスマッチで体はボロボロだった。切れた額や腕などは、試合直後に医師が麻酔無しで縫うほど。痛みは麻痺していた。1994年には、体の傷を縫合した数1000針を超え、ギネス記録としてパーティーが開かれた。当時、大仁田をよく知る知人がいて、「皮膚も酷いが化膿止めを沢山飲むので内蔵も酷いんだ」と話していたのを思い出す。実際、生死の境を彷徨ったこともあった。

 

猪木が毒といった男

特に王道のプロレススタイルを歩んできた選手は危険なデスマッチに出たがらないものだが、大仁田の凄いところは、“電流爆破マッチで試合がしたい”とトップレスラーに直談判し、実現させたことだろう。

 

1994年5月、川崎球場で天龍源一郎と「ノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチ」を成功させる。これに感銘を受けた天龍は、その後度々FMWのデスマッチで対することとなる。

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。