体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【NY】20ドル以下の各国料理、22か国制覇のマニアおすすめ本格中南米グルメ3選

ニューヨーク!ラテン料理を20ドル以下で食べ歩き

ニューヨークの移民街。一人でフラッと足をのばして、リーズナブルに本格中南米ごはん!
(c)Atsushi Ishiguro

昨年の夏に3週間、ニューヨークに滞在しました。その目的は、様々な国の料理に挑戦すること。20ドル以下でうまいものを出す店ばかり22か国料理にトライしました。出かけたのは主にランチ。知らない場所を夜歩くのは、ちょっと心配ですよね。今回は、その中から中南米料理3つをご紹介します。

上の写真は、ラテン系の人々が多く住む、マンハッタン島北部ワシントンハイツの八百屋さん。料理用のバナナや、ユカ(タロイモ)などが並び、ポスターはラテン系のものばかり。すでにラテンの国に来たかのような雰囲気です。

ニューヨークは人種のるつぼといいますが、実態は?

「様々な国からの移民がチャンスを求めて訪れるアメリカ。中でもニューヨークは人種のるつぼです」とは、昔から一般的に言われていますが、実際はどうなんでしょう? 調べてみると、ニューヨーク市の人口の37%が移民で、これに18歳以下の2世を足すとなんと48%になるんです。また、ニューヨークへの移民の数は順に、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、東アジア、西アフリカからが多いとのこと。

というわけで、ニューヨークにある各国料理の中でも移民が多い国のレストランは、ニューヨークにわたって来て生活を始めた移民のみなさんを相手にする、まさに本格派のお店が多いということになります。東京なら日本人のお客さんに合わせた味を提供しなければ集客は難しいかと思います。ですから、ちょっと状況が異なるんですね。

ベネズエラのバナナ料理パタコン

南米大陸の北端の真ん中に、カリブ海に面して位置するベネズエラ。野球が盛んで、日本のプロ野球に在籍する選手もいます。

この国の料理「パタコン」を食べられる店が、Cachapas y Mas (カチャパスイマス)。マンハッタン島の北の地域にある、ベネズエラをはじめ中南米からの移民が多い地区に出かけました。

ニューヨークの移民街。一人でフラッと足をのばして、リーズナブルに本格中南米ごはん!
(c)Atsushi Ishiguro

パタコンは、食用の青バナナをむっちりと固めた厚さ5mm、直径20㎝程にまとめた生地を揚げたものに、好みの具をはさんだもの。店員さんに聞くと、ローストポークが一押しとのことでした。しかし、この生地は、膨らませたものでなく、固めたものなので、ボリュームというか、重みがすごい。味つけはシンプル塩・コショウ、マヨネーズで、サラダも一緒にサンドされています。

おなかいっぱいになって、5ドル50セント。テイクアウトする人も多いのですが、着席して食べることもできます。

ニューヨークの移民街。一人でフラッと足をのばして、リーズナブルに本格中南米ごはん!
(c)Atsushi Ishiguro

↑ お店のカウンターはこんな感じで、いわゆるファーストフード店といった様子です。

[Cachapas y Mas (カチャパスイマス)]

ドミニカのスカートステーキとは?

ワシントンハイツは、週末の夜ともなればラテン系の皆さんが路上に繰り出し、夜遅くまで賑わう地域。そのメインストリートにあるMalecon Restaurant(マレコン レストラン)は、朝8時30分から深夜1時まで、朝ごはんから遅い晩御飯までが楽しめる、ドミニカ料理の店です。

一見、アメリカのどこにでもあるステーキハウスのようですが、かなりラテンなまりの強い英語のウェイトレスさんばかりだし、後ろの席にはラテン系の初老男性5人がスペイン語で何やら大笑いしていたりと、かなり異国情緒が醸し出されていました。

ニューヨークの移民街。一人でフラッと足をのばして、リーズナブルに本格中南米ごはん!
(c)Atsushi Ishiguro

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。