ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

PUFFY 21周年記念ライブも定番の雨! 新たなアレンジも加わった21曲披露

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
PUFFY 21周年記念ライブも定番の雨! 新たなアレンジも加わった21曲披露

 PUFFYが、2017年5月13日に東京・EX THEATER ROPPONGIにて、デビュー21周年記念ライブ【PUFFY LIVE 2017 WHATEVER 21】を行った。この5月13日は1996年にPUFFYがシングル『アジアの純真』でデビューした記念日となっている。

【PUFFY LIVE 2017 WHATEVER 21】写真(全6枚)

 以前よりPUFFYデビュー記念ライブは雨に見舞われるエピソードがあり、本ライブも定番の雨となったが、満場のファンにとっては祝福ムードの演出となった。ライブは「COSMIC流れ旅」でスタート。由美がMCで「今日は、マニアな人がいっぱい集まっているから、マニアな内容でお届けします」と言った通り、新旧の隠れた名曲たちがパフォーマンスされた。

 中盤には、最新楽曲でアニメ映画『しまじろうと にじのオアシス』の主題歌「冒険のダダダ」のサウンドプロデューサーを務めた堂島孝平が、スペシャルゲストとしてステージに迎えられた。堂島孝平は「PUFFYは、日本音楽界の女性デュオの歴史を変えた貴重な存在。尊敬してます」と祝福のコメント述べ、「冒険のダダダ」にギターとコーラスで参加し記念ライブに華を添えた。 

 この日は亜美のアコースティックギター、由美のテナーサックスが披露されるなど、随所に新たなライブアレンジが加えられた。「アジアの純真」「渚にまつわるエトセトラ」や、最新シングル「パフィピポ山」など、ライブでは欠かせない楽曲も織り込まれたセットリストは21周年にちなんで21曲となり、デビュー記念日の好天を祈った「晴れ女」で締めくくられた。

 アンコールに登場したPUFFYが「これからも私たちになりに、新しいことを取込みながら、PUFFYをお届けするので、よろしくお願いします」とファンに感謝を述べ記念ライブをまとめようとしたところ、堂島孝平がお祝いの豪華なケーキを携えて再登場、PUFFYの二人にとってのサプライズ演出となった。幸福感に満ち溢れた記念ライブは、満場の手拍子による「愛のしるし」によって120%の満足度をもたらし幕を降ろした。今後PUFFYは、多方面のイベントライブへの出演が決定しており、21周年も精力的に活動していく。

撮影:浜野カズシ

◎セットリスト
【PUFFY LIVE 2017 WHATEVER 21】
2017年5月13日(土)東京・EX THEATER ROPPONGI
01.OSMIC流れ旅
02.パフィピポ山
03.Shall We Dance?
04.すみれ
05.JOINING A FAN CLUB
06.赤いブランコ
07.アジアの純真
08.スーイスーイ
09.MOTHER
10.Your Love Is A Drug
11.マイカントリーロード
12.サヨナラサマー
13.冒険のダダダ (ゲスト:堂島孝平)
14.はじまりのうた
15.Tokyo I’m On My Way
16.渚にまつわるエトセトラ
17.愛のオデッセイ
18.君とオートバイ
19.マイストーリー
20.オトメモリアル
21.晴れ女
-ENCORE-
01.フィッシュ・オン
02.愛のしるし

関連記事リンク(外部サイト)

PUFFY / BEGIN / SCANDALら、高橋 優主催の野外音楽フェス、第一弾出演者発表
【DEAD POP FESTiVAL 2017】第3弾で氣志團、PUFFY、ロットン、The BONEZら14組発表&日割りと出演ステージも明らかに
PUFFY、アメリカの観客を前に堂々のパフォーマンス

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。