ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ガンホーの『エミル・クロニクル・オンライン』サービス終了を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 ガンホー・オンライン・エンターテイメント(以下、ガンホー)が5月15日、運営するMMORPG『エミル・クロニクル・オンライン』(以下、ECO)のサービス終了を発表した。

【すべての画像や動画はこちら】
ガンホーの『エミル・クロニクル・オンライン』サービス終了を発表ECO公式サイトのスクリーンショット

 ECOは、2005年12月にサービススタートしたオンラインゲーム。ガンホー、ヘッドロック、ブロッコリー3社が共同開発した作品で、イラストはいわゆる「萌え系」。「ハートフルオンラインRPG」をキャッチコピーに展開され、多くのファンを獲得した。また、マスコットキャラクターのタイニーはじめキャラクターの人気も高く、ゲーム外では積極的にグッズやイベントを展開。さらには他コンテンツとのタイアップも盛んで、オンラインゲーム業界における「タイアップ企画」の基礎を作った作品の一つでもある。

 サービス終了にあたっては5月15日にEXTRA Shop Pointの付与が終了。25日にエンディングに向けた大型アップデートがあるという。他にも、エクストラアイテム(30日)のShop Point返還やポイント、公認店舗のサービス終了などを順次予定。8月31日10時をもってサービス終了となる。

 なお、今発表をうけネットではかつて一度でもプレイしたプレイヤー、さらに現役プレイヤーから終了を惜しむ声が多くよせられている。Twitterでは一時「エミル・クロニクル・オンライン」と、略称の「ECO」がトレンド入りしたほど。長きにわたり愛されたECO。残りわずかな期間ではあるが、一度でもプレイしたことのあるプレイヤーは昔を懐かしみ最後にもう一度ログインしてみてはいかがだろうか。

エミル・クロニクル・オンラインをお楽しみいただいているユーザー様に大切なお知らせがございます。ご覧いただけますようお願いいたします。
ゲームサービス終了のお知らせ|エミル・クロニクル・オンライン《公式サイト》 https://t.co/B1noC3u2j5

— エミル・クロニクル・オンライン公式 (@emilchronicle) 2017年5月15日

(HideI)

関連記事リンク(外部サイト)

TRIGGERとして初の生放送番組、『TRIGGERのSECRET Night!』配信
スライムの蓋付きからあげクンでレベルアップしてみた
覚えてる?仮想空間『Second Life』 日本語版の10年

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。