ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

『5月13日はなんの日?』世界中で愛されるシンガー、スティーヴィー・ワンダーの誕生日

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『5月13日はなんの日?』世界中で愛されるシンガー、スティーヴィー・ワンダーの誕生日

 5月13日は「可愛いアイシャ」(1976年)や「心の愛」(1984年)、「パートタイム・ラヴァー」(1985年)など多数の名曲で知られるスティーヴィー・ワンダーの67歳の誕生日。

 スティーヴィー・ワンダーは1950年5月13日アメリカ・ミシガン州サギノー生まれ。アメリカの名門レーベル、モータウンの顔として輝かしいキャリアを築いてきたスティーヴィーのデビューは、今から55年前の1962年。デビュー当時はなんと12歳という若さで、その翌年にはライブ・アルバム『12歳の天才』で全米ビルボードNo.1を獲得。13歳にして一躍トップアーティストの仲間入りを果たした。以降、50年以上のキャリアのなかで多数のヒット曲を放ち、また、その卓越した才能によりプレーヤー/プロデューサーとして数々のアーティストとのコラボレーションをおこない、音楽シーンで唯一無二の地位を築いてきた。

 近年におけるスティーヴィーのコラボといえば、2014年のグラミー賞での共演が話題となったダフト・パンクを思い出す人が多いだろう。ジャンルや世代の異なるアーティストと積極的に共演をおこなってきたスティーヴィーは、昨年12月に映画『SING/シング』のエンディング曲としてアリアナ・グランデとのコラボによる新曲「フェイス」を発表。また、今年3月には、エルトン・ジョンの70歳を祝うパーティーにてレディ・ガガと共演をおこなっている。

関連記事リンク(外部サイト)

トニー・ベネット、ガガやスティーヴィー・ワンダーらが共演した豪華90歳記念ライブが音源化
アリアナ・グランデのMVにあなたのペットが出演? 企画「アニマル・グランデ大集合!!」スタート
オバマ大統領夫妻による最後のパーティー、ポール/スティーヴィー/ビヨンセ/G・ルーカスらが出席か

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。