体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジュリア・ロバーツ、シンシア・スワンソン原作『The Bookseller』の映画版に出演へ


クリスタル・シティ・エンターテイメントによる映画版『The Bookseller(原題)』で、ジュリア・ロバーツがスクリーンに帰ってくる。5月11日(現地時間)に発表された情報によると、同プロダクションはシンシア・スワンソンの恋愛小説『The Bookseller(原題)』の映画化権を獲得し、ジュリアは主演とプロデュースを務める。

『The Bookseller(原題)』の舞台は60年代。主人公のキティー・ミラーは親友のフリーダと書店を営み、結婚して母親になることを夢見ている。スワンソンのデビュー小説である同作は、2015年3月にハーパー・コリンズから出版されると瞬く間にニューヨーク・タイムズのベストセラーにリストされた。

ロバーツはレッド・OM・フィルムズのパートナー、リサ・ギラン、マリサ・エレス・ギルと並んで同作をプロデュースする。クリスタル・シティ・エンターテイメントのジョナサン・ルーベンシュタイン、アリ・ピンショーもプロデューサーに名を連ねる。現時点では脚本家は決まっていない。

アカデミー賞女優であるロバーツは、2016年公開の映画『マザーズ・デイ』、映画『マネーモンスター』に出演し、現在公開中の映画『Smurfs: The Lost Village(原題)』に声優として出演している。

CAAはロバーツとスワンソンの代理人を務めており、同作の国内配給権を管理している。ロバーツはさらに、エンゲルマン&カンパニー、ハーシュ・ウォーラーシュタイン・ハムム・マトローフ・フィッシュマンと代理人契約を結んでいる。スワンソンは、アインシュタイン・リテラリー・マネジメントのスザンナ・アインシュタインを代理人としている。GS2Lawのロブ・ギャルソンが、クリスタル・シティ・エンターテイメントを代表して契約をまとめた。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。