ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

初夏の間だけ水に沈む、オーストリアの公園が神秘的。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
初夏の間だけ水に沈む、オーストリアの公園が神秘的。

オーストリア・シュタイアーマルク州トラゲスにある湖「Gleenlake」

アルプスを望む自然公園にあるこの湖、冬場は1~2mの水溜まりなのですが、雪解け水が流れ込む夏場にだけ、神秘的なダイビングスポットとなるのです。

世界中のダイバーが魅了される理由は、公園の姿そのままが残ったエメラルドグリーンの湖底にあります。

エメラルドグリーンを生み出す
「草原の輝き」

初夏の間だけ水に沈む、オーストリアの公園が神秘的。初夏の間だけ水に沈む、オーストリアの公園が神秘的。

「Gleenlake」は夏の間だけ、自然公園になっている場所に出現します。つまり、普段は公園になっている敷地が水の底に沈んでしまうのです。

湖面が美しくエメラルドグリーンに見えるのは、湖底に沈んだ草原が光を反射しているから。

草も木も花も、すべてが澄んだ雪解け水の中で息づいているのです。初夏の間だけ水に沈む、オーストリアの公園が神秘的。初夏の間だけ水に沈む、オーストリアの公園が神秘的。初夏の間だけ水に沈む、オーストリアの公園が神秘的。

7月には雪解け水が蒸発してしまうため、最適なダイビングシーズンは5月~6月。

水深は、10m以上にもなるそうです。

水底にはカニなどの水辺の生き物も生息していて、雪解け水は透明度が高いので、小さな生き物も見つけやすいかもしれません。初夏の間だけ水に沈む、オーストリアの公園が神秘的。

植物だけではなく、公園の遊歩道も湖底に沈んでいて、不思議な世界観。泳いでいると、宙を浮いているような錯覚を起こしそうですね。

「Gleenlake」のあるシュタイアーマルク州トラゲスは、ウィーンからアルプス方面へ向かって約180km離れた場所。車で大体90分ほどの道のりだそう。

もしくは電車を使うなら、ウィーン・マイドリング駅で乗車、ブルック・アン・デア・ムーア駅で下車。駅からトラゲスまでバスで40分ほどかかり、さらにトラゲスの街から湖までは徒歩30分ほどかかるので、レンタカーを借りて向かうほうがいいかもしれません。Licensed material used with permission by Global Dive Media

関連記事リンク(外部サイト)

クロアチアの「時が止まったような滝」のショットが神秘的すぎる!
フィールドは急斜面。オーストリア発の「アルパインサッカー」がタフすぎる!
「お年寄り向けの公園」が世界のトレンドに!?すでに全米では50以上も!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。