ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

究極のリラクゼーションで人気の「SUPヨガ」とは

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

究極のリラクゼーションで人気の「SUPヨガ」とは
J-WAVEの番組「SEASONS」、5月13 日(土)のオンエアではマリエに代わり、前田智美がナビゲーターを務めました。その中のワンコーナー「MITSUI FUDOSAN COME ACROSS TOKYO」で、「SUP(サップ)ヨガ」を紹介しました。

「SUP」は、Stand Up Paddle Boardの略で、水に浮かべたボードに立って、パドルで漕ぐというウォーター・アクティビティーに、ヨガがプラスされたものです。今回は、室内プールでSUPヨガを体験することができる「ジェクサー フィットネス&スパ 大井町」にお邪魔しました。

「ジェクサー フィットネス&スパ 大井町」は、総合型のフィットネスクラブで、ジム、プール、ホットヨガなどが体験できる施設です。「SUPヨガは、ハワイ発祥のプログラムですが、室内プールなら天候に左右されず、海水が苦手な方でもご参加頂けます。ゆらゆらと揺れるボードの上でヨガをしますので、体幹が鍛えられます」(同施設アシスタントマネージャー)とのことでした。

さっそく、水に濡れても透けないヨガウェアに着替えてプールへと向かうと、端のレーンには大きなボードがズラリと並んでいました。一度プールに入り、ボードに上ったところでレッスンが始まります。インストラクターが目の前にいるので、初心者にも安心です。今回は平原珠代さんに教えていただきました。

「もし揺れが大きくなったときは、重心を下に戻して、揺れが収まるまで待ってください。四つん這いになって、おへその真下に中心のポイントがくるように。足の指も立てた方が安定します」と、平原さん。

前田によると、ボードは結構動くそうで、特にポーズを修正するときに揺れるそうです。集中力も必要とのこと。一般的なヨガとの違いは「地上で行うヨガはポーズの修正がすぐにできるけど、SUPヨガは手をつく場所を間違えると、そこから修正しないといけません。いつものヨガ以上に、足を踏み込んだり、腕をグッと押したりすることが必要で、ハードでした。その代わり、お休みのポーズはボードが揺れるのが心地よかったです」と前田。

足の踏み込み方が左右で力が違うとボードが揺れてしまうため、歪みを感じることができるそうです。フィットネスとして究極、リラクゼーションとしても極上の時間を過ごせます。「ジェクサーフィットネス&スパ 大井町」では、さまざまなレッスンが2,160円で体験できるお得なキャンペーンが、5月16日(火)から始まるそうなので、気になる方は、体験してみてはいかがでしょう。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SEASONS」
放送日時:毎週土曜 12時−15時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/seasons/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。