体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅行中も、留学中も働くために!仕事の効率化を実現する21のアイデア / エンジニアになる旅 Day035

旅行中も、留学中も働くために!仕事の効率化を実現する21のアイデア / エンジニアになる旅 Day035

TABIPPOではリモートワークを奨励しており、留学中も仕事をしています。こんにちは、TABIPPO.NET編集長のルイスです。エンジニアになる旅(セブ島でのエンジニア留学)が35日目になりました。先週は、クレジットカードをハッキングされて、航空券を買われまくるという洗礼を受けました。
■3ヶ月でエンジニアになる旅の連載はこちら
文系・営業畑の30歳「はじめてのコーディング」 / Day001
世界40カ国から選ぶ「住みやすい国」5ヶ国 / Day007
恐るべきシキホール島の黒魔術師に「いびき」を治してもらった / Day014
セブ島21日間で身についた7つの技術 / エンジニアになる旅 Day021
海外でクレジットカードをスキミングされた!発覚から復旧までの3日間 / エンジニアになる旅 Day028
仕事を効率化を実現する24のアイデア / エンジニアになる旅 Day035

 

今回の留学期間は、4月3日から6月23日までの82日間です。留学中もTABIPPOでの仕事を一部持って来ることができたのは、TABIPPOが積極的にリモートワークを導入しているためです。

TABIPPOでは創業時から「旅するように働き生きる人を評価する制度」「旅するオフィス制度」が制定されていて(他の制度はこちら)、新しい働き方や生き方にチャレンジしています。

■旅するように働き生きる人を評価する制度

TABIPPOは、旅するように働いて旅するように生きているメンバーを評価すると決めています。もちろん、仕事で成果を出すことや、目標を達成すること、自分たちのやりたいことを実現して形にすることは大切です。でも、旅をしてなかったら、それはまた違うなーと、本気で思っています。仕事で成果を出すのは当たり前、それを旅するように働きながら実現をする。それがTABIPPOの社内では一番カッコいいと思われて、評価されていくような会社にしていきたいです。

 

■旅するオフィス制度

僕らには「毎日必ずオフィスに出社しないといけない」というルールはありません。旅するように働き、旅するように生きる、そんな働き方を実現していくために、メンバー各自が自分で毎日働く場所を選ぶことができます。これを僕らは「旅するオフィス」と呼んでいます。アイデアに行き詰まった時には、海沿いで潮風にあたりながら仕事をしても良いかも知れませんし、ちょっと集中してやりきらないといけないことがあればお気に入りのカフェに篭っても良いかもしれません。良い仕事をするために、自分で場所や環境を選んで働けるようになっていきたいなと思います。

 

我らながら、これらの制度を設定できたTABIPPOのことが大好きですが、リモートワーク実現のためには仕事を効率化し、成果を出すことが何より大切です。

そこで今回は仕事の効率化を実現する24のアイデアをご紹介します。そこまでして、仕事しなくても… という声が聞こえそうですが、「旅もする仕事もする」がTABIPPO流ですので、よければお付き合いくださいませ。

 

仕事の進め方

タスクはtodoになるまで分解する

ぼやっと書いてあり、内容がイメージできない仕事は取り掛かりにくいもの。そんな時は、タスクを分解してtodoになるまで整理すると最初の一歩を踏み出せるようになります。

 

繰り返し作業はマニュアルやフォーマットを作る

毎日、毎週、毎月繰り返す作業は、手順をマニュアル化して、繰り返し使えるフォーマットを用意しましょう。なお、後述の魔の時間に繰り返し作業はできれば取っておきます。

 

打ち合わせは必ず議題を事前に共有する、できれば宿題も

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。