ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

映画監督石井裕也、最新作は詩集がもとに?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

映画監督石井裕也、最新作は詩集がもとに?
J-WAVEで放送中の番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺祐・山田玲奈)のワンコーナー「TOKYO GAS LIFE IS A GIFT」。5月13日(土)のオンエアでは、最新作「夜空はいつでも最高密度の青色だ」が公開された映画監督の石井裕也さんにお話を伺いました。

まずは、現在33歳の石井さんが「映画を撮るうえで常に大切にしていること」について語ってもらいました。

「世代なのかわからないですけど『人生はキツイ』というか『生きづらい』『いいことなんて起こるはずがない』という気分をずっと抱えてるんですよ、幼少期から。そういう気分を映画にしてもしょうがないので、それを大前提にしたうえで、希望というと嘘くさいんですけど…光明とか、兆しのようなものを、少しでも見せる。ないならないで拵える。ちょっとでも前向きなものにしなければという気持ちはあって、せっかく映画監督なのでやらなければと常々思ってます」(石井さん、以下同)

こう話す石井さんは、自主制作映画で数々の賞を取り、2010年に商業映画デビューしますが、さらに2013年の「舟を編む」で第37回日本アカデミー賞最優秀作品賞や最優秀監督賞を獲得し、現在、国内外で注目されています。最新作「夜空はいつでも最高密度の青色だ」は、詩集をもとに映像化した作品です。東京を舞台に、都会に生きる若者のむなしさや孤独、恋愛について描いています。そんな新作に対する思いを再び監督にお聞きました。

「詩集なので、ストーリーもなければ登場人物もいない中で、詩を読んで僕の心がくすぐられる部分があって。詩は人のよって受け取り方や解釈も違うしそうあるべきなので、なぜ僕が心をくすぐられたのか? 感激したのか? の由来を探って、自分の感性や感覚を掘り下げていくことで、おのずと感性が試された映画でしたね。論理的に読解するという方法もあったんでしょうけど、詩の面白さからはかけ離れていく気がしたので、なるべく考えないように、無邪気に、一筆書で脚本を書きました」と詩集を映像化する過程を明かしました。

最後に、映画の舞台にもなった東京の街についてもお聞きしました。「人混みの中で感じる息苦しさや不安、むなしさを表現するために、新宿東口や渋谷センター街などで敢えて撮影しました。人に対して優しくない街であることは間違いなくあって、でもたまに優しいフリをする。好きなんですよね、素敵だなと思ってるから嫌いというか愛憎を感じますよね」と石井さん。「東京という街はテーマがなくて。すごく人でなしな表情をしている街で、僕は嫌いになれない、嫌いですけどね…」と複雑な思いを語っていました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「RADIO DONUTS」
放送日時:毎週土曜 8時−12時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。