体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブルームーン〜人生に稀にしか起こらないこと〜【TABIZINE BLUE WEEK】

人生に稀にしか起こらないこと ブルームーン【TABIZINE BLUE WEEK】
英語には、Once in a Blue Moon(ワンス・イン・ア・ブルームーン)という表現があります。「青い月の時に一度だけ」とは、「ごく稀に」「滅多に起こらないこと」を意味します。

「ブルームーン」は、文字通り「青く見える月」。もう一つは「一定期間に追加の満月が巡ってくること」。

月の満ち欠けは平均約29.5日を周期で繰り返されるので、満月は月に1回です。ところが、満月の周期(平均29.5日)と1ヶ月の周期(30日強)がずれて、追加の満月が現れることがあります。「青く見える月」も「一定期間に追加の満月が巡ってくること」も、起こるチャンスが滅多にない、ごく稀なことです。

世界中が憧れる青い月

人生に稀にしか起こらないこと ブルームーン【TABIZINE BLUE WEEK】
「青い色」を好む日本人に限らず、世界で一番好まれる色は青と言われます。「青い月」の神秘的なイメージから、名前を冠している場所や商品も多いですね。

理想郷のモデルから名付けられた、ブルームーンという場所

中国 雲南省 藍月谷(Blue Moon Valley)

人生に稀にしか起こらないこと ブルームーン【TABIZINE BLUE WEEK】
イギリスの作家のジェームズ·ヒルトンの傑作「失われた地平線」で描写した、「青い月の谷」にある理想郷シャングリ・ラのイメージから「藍月谷」と名づけられました。英名ではBlue Moon Valleyの中国雲南省にある「藍月谷」は、青く澄み切った水が印象的な人造湖。棚田はコンクリートで作られています。

[52yulong.com]

ブルームーンという薔薇

ドイツ産

人生に稀にしか起こらないこと ブルームーン【TABIZINE BLUE WEEK】
青く輝く月の光を受けて、そっと花開くようなミステリアスな薔薇。花びらが薄く、透明感のある青みがかったラヴェンダーの花色。ブルー系特有のフルーティで爽やかな香り。バラなのにトゲが少なく、育てやすい、青色系のバラの中で評価が高い銘花といわれています。

和名
ブルームーン英名
Blue Moon (Sissi,Blue Monday)系統
【HT】 ハイブリッドティーローズ作出者
Tantau,M. (タンタウ)作出年度
1964作出国
Germany (ドイツ)花言葉
「神の祝福」「夢叶う」「奇跡」

[バラ関連ポータルサイト「NOIBARA」]

ブルームーンというビール

アメリカ産

人生に稀にしか起こらないこと ブルームーン【TABIZINE BLUE WEEK】
オレンジの香りのするベルギースタイルのホワイト・エールは、美しい名前に惹かれて飲む機会を持った方も多いでしょう。筆者も初めて飲んだきっかけは、名前の美しさ、青いラベルのボトルに惹かれたためでした。オレンジのスライスを添えて飲む、夏にぴったりのビールです。

[Blue Moon ブルームーン]

月が青く輝く夜には

人生に稀にしか起こらないこと ブルームーン【TABIZINE BLUE WEEK】
何かが起こりそうな気がします。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy