ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

渡辺直美×箭内道彦、ブームの仕組みって?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

渡辺直美×箭内道彦、ブームの仕組みって?
J-WAVEで放送中の番組「AVALON」(木曜ナビゲーター:渡辺直美)。5月11日のオンエアは「なぜブームは起こるのか?」を徹底調査。ゲストにクリエイティブ・ディレクターの箭内道彦さんとマイナビティーンズラボ研究員の伊藤祐奈さんが登場しました!

まずは渋谷の街で、「渋谷から生まれたブームといえば、なんだと思いますか?」というアンケート調査を実施。「タピオカ」、「幸せのパンケーキ」、「ギャル」などが出た中で「サイファー」というワードが出ました。

この日、番組アシスタントを担当していたラッパーのあっこゴリラによれば、ツアーで地方に行くと、駅前で若者が集まってラップをしているそうです。ちなみに、J-WAVEで放送中の番組「WORD FREAK」(金曜25時〜)でナビゲーターをしているACEさんも「渋谷サイファー」という即興ラップグループに所属しています。

ファッションや音楽など渋谷、原宿からたくさんのブームが発信されていますが、それはグルメにも…。「最近の女子高生とかは、完全に“食べたい”で行くんじゃなくて、“インスタ映えするものを撮りたい”が先で、味よりも見栄え!」と伊藤さん。最近でいうと、三色の綿菓子や、イチゴがタワーのようになっているボンボンパフェなどが人気だそうです。

また、90年代で言えば「渋谷」から生まれたブームとしては、「ガングロギャル」、「ヤマンバギャル」、「チーマー」などがありますが、箭内さんは当時、このようなブームをどう見ていたのでしょう?

「当時、広告の世界にいたんですけど、大人たちが仕掛けたブームじゃなくて、自然発生というか、渋谷という街から生まれたものだった。しかも上の世代の人たち見ると『なんじゃこりゃ』っていうものじゃないですか? ブームって、『なんじゃこりゃ』くらいの力がないと。そういうハードルがすごい面白いんだなって思いました」(箭内さん、以下同)

これまでにご自身もたくさんのムーブメントを生み出している箭内さんですが、なにかしらのムーブメントを仕掛けるとき、意識することはあるのでしょうか?

「人って、みんなと同じことしたい気持ちが半分あって、でも違うことをしたい気持ちも半分あって、その両方が入ってないとダメなんですよね。あとは、誰でも簡単に真似できるものじゃなくて、例えば『逃げ恥』のダンスって難しいじゃないですか? だから、ちょっと頑張らないとできないこととか、苦労しないとたどり着けないことっていうのが、たぶんブームの着火になるんじゃないかなと思います」

もし“逃げ恥ダンス”がすごく簡単な振り付けだったら、ここまでのムーブメントになっていなかったかも、とも箭内さんはおっしゃいます。ムーブメントを追うだけでなく、なぜムーブメントになったかを分析してみると、意外な発見があるかもしれませんね!

番組ではこのほか、箭内道彦さんが立ち上げたコミュニティラジオ局「渋谷のラジオ」を取り上げ、詳しいお話をお聞きしました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「AVALON」
放送日時:月・火・水・木曜 22時−23時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/avalon/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。