ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

これからのノンスタイル

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
これからのノンスタイル

お笑いのコンビの関係性って不思議なものだなと思うんですよ。本人たちには変わっているという意識がなくても、世間の見方はどんどん変わっていったりしますからね。オードリーがテレビに出始めた頃は、キャラの強い春日さんばかりが目立っていて、地味でおとなしい雰囲気の若林さんは「じゃないほう芸人」扱いされていました。でも、今となっては、若林さんの個性も評価されていて、MCをやるようになったりしていますよね。

 

アンジャッシュだったら、グルメ関連のことで渡部さんが注目されていた時期があって、その後で児嶋さんが「児嶋だよ!」のフレーズでガンガン出てくるようになって、その後には渡部さんがMCの仕事をさらに増やしていって、佐々木希さんとの結婚までたどり着いている。まあコンビごとにいろいろなパターンがあるわけです。

 

そういう意味では、最近のノンスタイルのお二人の動きには注目しています。井上さんが当て逃げ事故を起こして謹慎して以来、石田さんがそのことを生き生きとネタにしてしゃべっているのが目につくんですよね。それが個人的には面白いなあと思っています。

 

もともと、石田さんは井上さんのことが生理的に苦手だというようなことを公言しているし、井上さんのナルシストっぽい言動をイジり倒すようなネタも多いんですよね。ただ、事件以降、石田さんの井上さんに対する舌鋒が鋭さを増していて、真に迫っている感じがする。今までは見た目が派手だけど威力はそれほどでもない「エンタメとしてのパンチ」を打っていたのに対して、今では腰が入って体重の乗った「本気のパンチ」を打っている感じがするんですよね。そして、そこに今までになかった面白さがかもし出されているなあと思うわけです。

 

これまでは、石田さんが井上さんの言動にどんなに激しくツッコミをいれても、それが半分シャレとして受け取られているようなところがあったんですが、これからはそれがある程度は本気だったんだと認識してもらえるので、言葉の重みが変わってくるんですよね。

 

従来のノンスタイルでは、どちらかというと井上さんの方が目立っていて、石田さんはそのフォロー役に徹しているような印象が強かったと思うんですが、その関係性も変わってきた感じがするんですよね。むしろ、石田さんが生き生きと井上さんをイジれるようになったことで、2人が対等な関係になって、漫才としてはこれからより面白くなる可能性もあるんじゃないかな、という気がしています。実際の2人の関係性がネタの中に反映されるというところに、漫才という芸の醍醐味があるなあ、と改めて思いました。

カテゴリー : エンタメ タグ :
オモプラッタの記事一覧をみる ▶
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。