体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

五月病を「インスタント涙活」で乗り切れ!7分で泣ける11のショートムービー

4月に環境が大きく変わった人も多くいるのではないでしょか?特にそんな人たちを襲うのが、5月に待ち受ける“五月病”。ゴールデンウィークが終わり緊張の糸がぷつんと切れて、仕事や学校に行きたくなくなる病気です。

 


CMNOW No.186
Fujisan.co.jpより

 

しかも、それを気付かずにそのままにしておくと、“うつ病”に発展してしまうなど、意外とやっかいなもの。そんな五月病を乗り切るのに、有効なのが“泣くこと”。

 

これによって、ストレス発散をし、心をいい方向に整えることができるのです。

 

忙しいあなたにオススメなのが、“インスタント涙活”!

しかし、泣くと言っても、女優じゃない限りなかなか泣く事は難しいし、映画を観るのも忙しく、時間がないという方にオススメなのが“インスタント涙活”!簡単言うとCM・ショートムービーで泣こうというもので、7分以内で泣けたりする作品が多くあります。

 

そこで今回はショートムービ大好きの筆者が厳選した、かなりの確率で泣ける7分以内泣ける動画をご紹介したいと思います!

 

マルコメ 料亭の味 液みそ 上京篇

 

まずはマルコメのCMをご紹介したいと思います。昔は、丸坊主の男の子がやっているイメージがありますが、最近のマルコメのCMはアニメーションが多くなっています。そんな中でも是非見てほしいのが、「料亭の味 液みそ 上京篇」。元不良の息子の元に、母がやってきて物語はスタート。そんな母が息子の成長を見ながら、昔の事や今の幸せなどを心の中で考えるというCMなのですが、かなりグッときます。

 

ママポケットランドセル 初登校の日「ママの想い」

 

昨年、20万回再生を記録した「ママポケットランドセル」のCMの続編。前回は、男の子とママを映し出していましたが今年は、女の子とママの愛を描いています。そんな今年の動画はさらにパワーアップ。子供がいない人も、昔の頃を思い出しながら是非見て頂きたいです。

 

作品中の「いってらっしゃい。」の言葉に絶対に背中を押してもらえます。

 

住友生命 「dear my family 2016」篇

最近は上野一の1UPでお馴染みの住友生命の感動CM。60秒間の作品ですが、何かいろいろ考えさせられるものがあり、グッときます。家族と離れた環境にいる方などにオススメで、この「dear my family」は他にもシリーズ化されていて、どれも感動するので、是非見てみて下さい。

 

東京ガス 「夢を叶えるカツカレー」篇

 

東京ガスのCM。「食」を中心に広がっていくストーリー展開になっているのですが、食がこれほど自分を支えてくれていたんだ・・・という事に気付かされ、親への感謝があふれ出します。このCMは今、行き詰っている人、やる気が起きない人なんかにオススメ。絶対にやる気を起こさせてくれ、感動でホロリときてしまうのではないでしょうか。

 

野村不動産 「だれかのまなざし」

 

2013年にユーチューブで無用公開された感動動画。近未来的な世界で展開されるストーリーなのですが、この動画を作ったのは「君の名は。」で一躍、名が知れ渡った新海誠監督。タイトルにもなっている「だれかのまなざし」がだれのまなざしなのかが分かった瞬間、感動が一気に押し寄せ、涙がこぼれる事は間違いなしだと思います。

 

LINE  “Closer”

 

“感動CM大国”のタイから、LINEのCMを紹介したいと思います。このCMは、母を亡くした娘と父の愛を描いた作品となっています。しかも、この作品が他と圧倒的に違うのは、全て“実話”だという事。タイで、LINEエピソードを募集し、その中から選ばれた一つの物語を映像化しており、感動は必至。自然と涙がこぼれます。

 

Extra Gum The Story of Sarah & Juan

 

環境が変わって、恋人と離れ離れになってしまった人も多いのではないでしょうか。

 

そんな人たちに見てほしいのが、エクストラガムのCM。二人の恋人の出会いから今までが徐々に描かれています。今は離れていても、信じていれば絶対に結ばれる。そんな事を教えてくれます。是非、たわいもない恋人との日常を思い出しながら、見てみて下さい。

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会